お正月遊びの種類は?伝統的な遊びの由来や楽しみ方をご紹介します!

お正月遊びとは、遊びをとおして知恵や発育をうながす日本の伝承遊びのこと。特にお正月は
意味のある昔の遊びがたくさんある。「凧あげ」や「羽根つき」「福笑い」「独楽まわし」は
聞いたことがありますが、他にはどんな遊びがあるのか調べてみましょう!

遊びと由来

羽根つき

お正月遊びの代表格である羽根つき。由来は中国にあり羽根に硬貨をつけたものを蹴る遊びが
ある。これが室町時代に伝来した。当時の宮中では、羽根つきに負けたらお酒を振舞っていた
と記録されている。
羽子板は、平安時代の初期の宮中で行われていた「毬杖(ぎっちょう)遊び」が起源という
説がある。毬杖遊びとは、先がヘラのようなカタチをした杖で毬を打ちあう遊び。この杖が
変化し鎌倉時代になると羽根つきの羽子板になったと考えられている。
室町時代になると羽根つき用と贈りもの用にわかれていき、江戸時代になると歌舞伎役者を
押し絵で仕上げた飾り羽子板が登場。女性たちの間で大人気になる。

江戸時代には、羽根つきが女の子のお正月遊びとして定着していった。様々な災いをはね
(羽根)のけ、健やかに美しくそだつよう願いをこめ、女児の初正月に羽子板をおくる
習慣ができたといわれている。男児は初めてのお正月に破魔矢(はまや)を贈る。
羽根にも意味がある。羽根つきの羽根には「無患子(むくろじ)」が使われており、子どもが
病気にならないようにという願いが込められている。

羽根つきでは、勝ったものが負けたものの顔に墨をぬる。それはどうしてなのでしょう?
羽根つきは、お互いの健康を願いながく打つつづけるものなのだそう。ながく打つつづけると
いっても羽根をおとしてしまうことはある。このとき、お互いの健康への願いが途切れて
しまっても鬼がきらう黒い色を魔除けの意味をこめ塗ることで身をまもれると考えられて
いた。
羽根つきは、一年の厄をはね、子供の健やかな成長を願うものとして親しまれてきた。

楽しみ方

一人でつく場合と二人でつく場合では、呼び名がちがう。
・突き羽根/あげ羽根 一人で何回つけるか競う遊び方
・追い羽根 二人でつき勝負する遊び方

凧あげ

昔ながらのお正月遊びである「凧あげ」は、古来中国では占いや戦いの道具のひとつだった。
日本には平安時代に貴族の遊戯としてはいってきたが、戦国時代には敵陣までの距離を
測ったり、遠方へ放火する兵器としても活用されていたそう。日本に伝わってから、江戸時代
まで、「凧」は「いか幟(のぼり)」と呼ばれていた。揚げたときに安定して飛ぶさまに、
ながい尻尾をつけるとそれがまるでイカのようだったから。
では、どうして、「イカ」が「凧」になったのでしょう?
やがて江戸時代になると貴族の遊びだったものが、一般庶民に大流行する。あまりにも流行り
すぎ、民家や大名行列におちたりし、喧嘩やもめごとが頻発し、けが人や命をおとす人まで
でた。1646年(3代将軍家光の時代)幕府が「いかのぼり禁止令」を出すことにした!
幕府の「いかのぼり禁止令」にも関わらず、江戸っ子はいかのぼりをやめない。役人に忠告
されても、江戸っ子は平気な顔して「こりゃぁ、『イカ』じゃなくて『たこ』でさぁ!足が
8本なんでねぇ。」と言ったとか。
何で「凧揚げ」かというと、「たこ(凧)のぼりを揚げる」から「凧揚げ」となったとか。
やがて、男の子の誕生祝いとして凧あげをするようになり、また、昔から「立春の季に空に
向くは養生のひとつ」といわれたことから、立春に凧あげをするようになったともいわれて
いる。昔は新しい年が立春のころにめぐってきたので、めぐって新春がお正月を意味するよう
になった。
凧が高くあがるほど願いごとが神さまにとどくので願いが叶う、元気に育つといわれている。

楽しみ方

幾つかある。より高くあげ楽しんだり、相手の凧をおとしたり、糸を切ったりする「凧合戦」
「凧喧嘩」などがある。

かるた(いろはかるた/百人一首)

伝承遊びの「かるた」は、読み札と絵札をつかったカードゲーム。百人一首を用いた「百人
一首かるた」 と、いろは歌を用いた「いろはかるた」がある。かるたの語源はポルトガル語
だが、平安時代の貝合わせに由来するといわれている。
「百人一首かるた」は平安時代に作られたさまざまな和歌集を、鎌倉時代に京都の小倉山に
住んでいた藤原定家が集めた「小倉百人一首」でできている。宮中の遊びだったものが江戸
時代の木版画技術により庶民にひろがり、お正月に楽しまれるようになった。
ことわざを用いたもので、子供が遊びながら字やことわざを覚えられるようにと江戸時代後期
に考案された。おもしろいのが、いろはかるたの内容が江戸(江戸いろはかるた)と京都
(京いろはかるた)、大阪、上方、尾張などで違うということ。例えば、江戸と京都を比較
してみると・・・

江戸いろはかるた/京いろはかるた

・「い」 犬も歩けば棒に当たる / 一寸先は闇
・「ろ」 論より証拠 / 論語読みの論語知らず
・「は」 花より団子 / 針の穴から天のぞく
・「に」 憎まれっ子世にはばかる / 二階から目薬
・「ほ」 骨折り損のくたびれ儲け / 仏の顔も三度
・「へ」 屁をひって尻すぼめる / 下手の長談義
・「と」 年寄りの冷や水 / 豆腐に鎹
・「ち」 塵も積もれば山となる / 地獄の沙汰も金次第

かるたは最低3人いないとできない(読み手+二人で対戦)、文字が読めないといけない。
二人しかいない場合や、まだ文字が読めない子どもの場合、百人一首の絵札の山をめくって
いく坊主めくりはどうですか。

坊主めくりの遊びかた・ルール
絵札の柄によって札を動かしていく。100枚の山札がすべてなくなった時点で、一番たくさん
札をあつめた人の勝ち。

①人物が描かれている絵札だけをつかう。
②100枚の絵札を裏向けて山につみ、参加者が1枚ずつめくっていく。
③殿(男性)の札は、そのまま自分の手札にできる。
④姫(女性)の札がでると、その札にくわえ、没収されて場に置かれている札をすべて手札に
 獲得できる。
⑤坊主の札がでると、それまで獲得した札をすべて没収される。

福笑い

昔の遊び「福笑い」のルーツは定かではないが、明治時代からお正月の遊びとして定着して
いる。目隠しをし、輪郭をえがいた紙のうえに、眉・目・鼻・口などを置いていくゲーム。
出来上がった顔立ちが滑稽なので、それを笑い楽しめる。おかめやお多福などの絵がおおく、
「笑う門には福来る」と縁起がいいことからお正月にふさわしい遊びになったよう。

楽しみ方

よりおかしな顔をつくったもの、あるいはより正しいふつうの顔をつくったものを勝ちとする
などして勝敗を決める。

双六(すごろく)

「双六」はお正月遊びのひとつ。もともと双六には「盤双六」と「絵双六」があり、遊びかた
も異なる。盤双六は1対1で対戦し、将棋盤のような双六盤のうえでサイコロに従い多数の駒を
動かすゲーム。その名のとおり双方に6つのマス目がある。その歴史はふるく、日本書記に
記載(689年付)されていたり正倉院にのこされているほど。江戸時代には嫁入り道具に
なったほどだったが、現在はほとんど姿を消した。
絵双六は盤双六と区別するためにお馴染みの双六を「絵双六」という。絵双六のルーツに
「浄土双六」があるが、これは極楽浄土への道筋を現したものだった。やがて東海道五十三次
を進んでゆく「道中双六」や「出世双六」が江戸時代に人気をよび、お正月などに親しまれる
ようになった。
大正時代になると『少年倶楽部』などの雑誌の付録としてさまざまな絵双六が登場。畳めば
薄くなり見栄えもよいため、新年号の目玉付録として定着していった。

楽しみ方

サイコロをふりコマを進めるだけのシンプルなルール、勝敗は運次第、何人でも参加できる
ことがお正月の団欒にぴったりで、その年の運だめしにもなる。最近はルーレットを回す
ものも多くなったが、人気の「人生ゲーム」はまさに「出世双六」!

めんこ

めんこ(面子)とは、日本の子供の遊びでつかわれる玩具の一つ。めんこの語源は「小さな
面」、つまり面子の意味である。めんこは日本の昭和30年代においては、めんち、ぱんす、
ぱっちんとも呼ばれていた。めんこには素材により、泥めんこ、鉛めんこ、紙めんこがある。
もっともよく知られた形態のめんこは紙製のいわゆる紙めんこである。厚紙製の手のひら大の
カード型や円形で、片面に写真や図柄が施されている例がおおい。その遊びそのものをも
指す。カード自体がコレクションの対象にもなっている。駄菓子屋などで販売されているが、
牛乳瓶のフタなどの適当な素材で代用することもある。昭和時代の日本では、子供の遊びと
してひろく流行した。
最もふるい形態のめんこは泥めんこであるが、紙めんことは遊び方などの点で異なる系譜に
ある。

楽しみ方

床に置いためんこめがけて自分のめんこを打ちつけ、風圧や衝撃を利用して相手のめんこを
動かすのが基本。色々な遊び方があるが、勝者が敗者のめんこをもらい、最終的に枚数の
おおい者が勝ち。

・起こし 各自同数のめんこをおき、自分以外のめんこを裏返しにしたらそれをもらう。
・はたき 地面に円をかき、そのなかに各自同数のめんこをおき、自分以外のめんこを円の
     外にだしたらそれをもらう。
・落とし 箱や台のうえに、各自同数のめんこをだしあい、自分以外のめんこを落としたら
     それをもらう。

お手玉

「お手玉」といえば昔の遊びの代表格だが、そのルーツは古代ギリシャで羊の骨をつかった
拾い技だったといわれている。日本では奈良時代に中国から伝わった「石名取玉」(16個の
水晶玉)が法隆寺にのこっており、聖徳太子がお手玉遊びをしていたという説もある。
平安時代になり石をつかった「石なご」遊びが一般にひろがり、江戸時代にはいってから、
袋のなかに小豆、粟、ひえ、大豆などをいれたお手玉になった。
お手玉は遊びをとおして裁縫や正座などの行儀作法を身につけることができ、昔から日本では
女の子の遊びとして好まれてきた。
地方によって「じゅずだま」、「おじゃみ」、「いしなご」と呼ばれ、石子・石投・擲石など
と漢字で書かれることもある。
手先をつかうお手玉遊びは、脳を刺激し集中力もますため、子供のころから親しむことで
日本人の手先の器用さに貢献した。現在は、子供の脳を活性化するだけでなく、認知症予防と
しても注目されている。

楽しみ方(お手玉2個の遊び方)

・左右1個ずつもち、同時に投げあげ、キャッチ。これを連続する。(上手にできたら数を
 ふやす)
・左右1個ずつもち、同時に投げあげ、手の甲で受けとめる。そのまま甲ではねあげつかむ。
・左右1個ずつもち、同時に投げあげ、落下するまでに手を叩いてからとる。だんだん手を
 たたく回数をふやしていく。
・右手は手のひらにお手玉をおき投げあげ、手の甲で受けとめる。左手は手の甲におき、手の
 ひらで受けとめる。これらを同時におこなう。

独楽(こま)まわし

お正月遊びのイメージが強い「独楽(こま)」だが、世界最古の独楽は、エジプトで発見
された紀元前2000~1400年ごろのものだというから驚き。木を削っただけのシンプルな
ものだが、今から4000年も昔から独楽遊びをしていたことになる。
日本へは奈良時代ごろに唐から高麗をへて伝来したと考えられている。高麗はかつて「こま」
と呼ばれていたので「こま」という名前になり、「独楽」の字が用いられた。当初は貴族の
遊戯だったが、江戸時代から庶民の遊びとしてひろがった。
独楽は、物事が円滑にまわるにつうじて縁起がよく、うまく回ると子どもがはやく独り立ち
できると言われている。

楽しみ方

指でクルンと回すもの、紐をまきつけ回すものがあるが、独楽の種類としては、軸を通した
デアボロ、軸のないベエ独楽の2種類にわけられる。遊び方も、回転の美しさをたのしむ
もの、独楽同士をぶつけあって勝負するもの、曲芸的な技をたのしむものなど色々。

だるま落とし

伝承遊び「だるま落とし」の歴史は定かではないが、だるま自体は禅宗の祖・達磨大師を
モチーフにしている。だるまは転んでも起きあがることから、お正月にだるまに願をかけ
ながら片目をいれて飾り、願いが叶ったらもう一方の目をいれるもの。毎年大きなだるまに
買い換え、一年の願掛けをする。
だるま落としのだるまは転んでも(落ちても)起きあがらないので、転ばない(落とさない)
ようにするわけ。

楽しみ方

上のだるまが最後まで落ちないよう、下に積み重ねた段を小槌でたたいていくゲーム。最後
までバランスよく保つのが難しく、たたく力や方向を加減しながら一喜一憂するのが楽しい。
だるまが落ちるまでひとりで打ってもいいし、複数で交互に打ってもよい。

けん玉

けん玉は、十字状の「けん(剣)」と穴のあいた「玉」で構成される玩具。
昔ながらの遊びだが、日本生まれではなく、フランス説、ギリシャ説、中国説などがある。
日本にはシルクロードをつうじて江戸時代にはいってきた。鹿の角に穴をあけた玉を結び
つけたもので、失敗したらお酒をのむという記述が『嬉遊笑覧』(江戸時代の百科辞典)に
あり、大人の遊び道具だったよう。
今のような形になったのは大正時代。玉を太陽(日)に、浅いお皿を三日月に見たて「日月
ボール」といった。これが昭和初期に大ブームとなり、けん玉として子供たちの定番おもちゃ
となった。

楽しみ方

けん玉は持ちかた(どこを持つにしても親指と人差し指でしっかりと)、構え(重心を
前に)、タイミングが重要。日本けん玉協会では、10級(大皿に玉をのせる)~1級
(日本1週・世界1週・灯台)・初段~六段までさまざまな技がある。

未来に

私は幼いころに祖母にお手玉を教わった記憶がある。今回、お正月遊びについて調べる
きっかけがなければ、「お手玉」や「けん玉」「めんこ」「だるま落とし」が伝統的な
お正月遊びだとは知らずにいたことになる。
子どもの遊びといえば、今はゲーム。ポータブルゲーム機は1人1台の時代とも言われて
いる。またスマホでゲームをする子どもも当たり前になった。大人でも、そのゲームの
面白さにハマり、電車やバスのなかでも夢中になっている姿をよく見かける。
スマホゲームには、嵐の二宮和也のCMでお馴染みのパズドラやドラゴンネストMなどが
あるらしいが、ゲームをしない私にはちんぷんかんぷんだ。
スマホゲームを楽しむのはいいが、「歩きスマホ」には注意しよう!
自分が親になり子どもとお正月を過ごすときに困らないようお正月遊びにすこしでも
興味をもってもらえると嬉しい!

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする