ブロッコリーの種類は?栄養や効能・レシピをご紹介します!

ブロッコリーの旬は11~3月。つぼみの集まりを食べる「花野菜」の一種。つぼみがしっかり
と密になっているものがよい。紫がかっているものは日光と寒さをほどよく受けており特に
おいしい。いっぽう、黄色みがかっているものはやや古くなっている証拠。鮮度がおち
やすく、あまり保存はきかない。茹ですぎると食感がわるくなるので注意。芯の部分も皮を
厚くむき茹でると、おいしく食べられる。

種類

ブロッコリーはケールが祖先にあたるアブラナ科アブラナ属の植物で花芽をたべる野菜。
地中海沿岸が原産とされ、ローマ時代から日常的に食べられていたという記録がのこって
いる。そうやってブロッコリーはイタリアで育ったが、アメリカに伝わったのは19世紀に
なってからだそう。日本へは明治時代になってカリフラワーとともに入ってきた。
ケールの系統のなかではカリフラワーのほうが原種にちかいもので、ブロッコリーは
カリフラワーの変種とされている。

スプラウト ブロッコリー

ブロッコリーのカイワレはダイコンのカイワレよりも細く、繊細な感じが楽しめる。ダイコン
のような辛味はなく、味も繊細。そんなブロッコリーのスプラウトは見た目は頼りなげで
弱々しいが、栄養面では非常に優れている。スプラウトは種が持っていたたかい栄養価に
くわえ、発芽してからどんどん新しい栄養成分をつくりだしているので、成長したブロッ
コリーよりも栄養成分が多くなる。
特筆すべきはこのブロッコリーのスプラウトにはスルフォラファンという抗酸化物質がブロッ
コリーの20倍以上含まれているといわれている。このスルフォラファンはつよい抗酸化作用が
あり、身体を活き活きとさせてくれ人ともに、がん予防効果にも効果があることが発見されて
いる。さらに、この抗酸化作用には持続性があり、摂取してから3日間も効果が継続すると
されている。

貝割れ大根

貝割れ大根はその名のとおりダイコンの発芽直後のもの。発芽適温は25℃前後とされ、青首
ダイコンより、白首ダイコンのほうが向いているよう。シャキシャキした食感と、ピリッと
した辛味が持ち味で、栄養面でも優れている。水耕栽培で季節を問わず安定してつくることが
できる野菜ということもあり、普段の食卓に気軽にとりいれていきたい野菜の1つ。
「カイワレ」というよび名は発芽仕立ての双葉がひらいた様子が、二枚貝がひらいた
(割れた)様子に似ていることからつけられた。このカイワレにはダイコンのカイワレ以外
にもブロッコリーやキャベツなどのものなどがある。
生のままサラダや汁ものの具におすすめ。

レッドキャベツスプラウト

紫キャベツのカイワレはダイコンのカイワレよりも細く、ブロッコリーのカイワレと軸の太さ
やおおきさはよく似ているが、軸はきれいな薄紫色をしている。サラダなどに加えるとこの彩
がとてもよく映える。味的にはほんのりとキャベツの風味がする。
紫キャベツのスプラウトは見た目はきれいで細々と頼りなげで弱々しいが、栄養面では非常に
優れている。スプラウトは種が持っていたたかい栄養価にくわえ、発芽してからどんどん
新しい栄養成分をつくりだしているので、成長したキャベツよりも栄養成分がおおくなる。

豆苗

本来の豆苗(とうみょう)とはエンドウが発芽し、本葉がでて、ある程度のおおきさになった
エンドウの、芽の先端を摘みとり食用にするもの。名前のとおり、豆の苗。中国ではふるく
から食材として収穫され、手間がかかることから高値で取引されてきたよう。また中国では
トウミョウ用に品種改良されたエンドウがある。
日本では、キヌサヤエンドウやサトウエンドウなどを水耕栽培し、発芽したての根つきの
若芽、いわゆるスプラウトが豆苗として流通し、一般に豆苗といえばこちらを指すように
なった。最近はソラマメのスプラウト、「そらまめ豆苗」というのも出回っている。
今、スーパーには様々なスプラウトが並んでいるが、豆苗もその一つだと考えてほしい。
きれいな濃い緑色で、えんどう特有のかおりがほのかにして、風味豊かな野菜。そういった
スプラウトは植物工場で栽培され、温度や水量などコントロールがしやすく、虫もつかない
ので生産管理が行きとどいており、必要に応じて生産出荷されている。
台風や寒波などの影響で葉もの野菜が高騰しているときなどもこうした水耕栽培の野菜や価格
の変動がなくつかいやすい野菜といえる。

アレッタ

「アレッタ」という名前からイタリア野菜のような印象をうけるが、これは国内で生まれた
品種。アレッタはスティックブロッコリーの一種と考えてよいと思う。葉もおいしく色々な
料理で楽しめる。
茎はやや細く、ゆでると適度な歯ざわりがあり、ほんのり甘味が感じられる。花芽や茎は菜の
花よりもしっかりとしており、茹でてから炒めものなどにつかっても食感がよい具合に
のこる。葉・茎・つぼみは、炒めもの、天ぷら、蒸しもの、和えもの・巻物のねた、汁もの、
パスタやグラタンにもおすすめ。

茎ブロッコリー

茎ブロッコリーにはいくつかの品種があり、その多くはブロッコリーと芥藍(かいらん)など
の菜花の一種を掛けあわせて作られていある。おおきな特徴はどれも花芽の部分だけでなく、
茎の部分もやわらかく、おいしく食べられるということ。
花蕾の部分と茎の部分は食感もちがうので、別々の楽しみかたができる。花蕾の部分は
ブロッコリーや菜の花と同じようにサッと茹でサラダにしたり、肉料理などのつけあわせにも
よい。茎の部分はアスパラガスと同じような食べかたができ、適当な長さにきり炒めものに
向いている。

スティックブロッコリー・セニョール

花芽の部分はすこし締りがゆるいブロッコリーといった食感。茎の部分はアスパラガスの
ようにコリッとした歯ざわりが楽しめる適度なかたさで、ほんのり甘味がある。ブロッコリー
と同じように青臭みなどのクセはなく、とても美味しい。
花蕾の部分と茎の部分は食感もちがうので、別々の楽しみかたができる。花蕾の部分はブロッ
コリーや菜の花と同じようにサッと塩をくわえ沸騰させたなかで茹でサラダにしたり、肉料理
などのつけあわせにもよい。茎の部分はアスパラガスと同じような食べかたができ、適当な
長さにきり炒めものに向いている。

紫色のスティックブロッコリー

紫色のスティックブロッコリーは、パープルスプラウティングと呼ばれイタリア野菜の1つ。
輸入されている種をもとに栽培されたものがほとんど。一般的なスティックブロッコリーと
同じように、花芽が枝わかれしやすいように品種改良されている。色は蕾がアントシアニン
の色素がおおくふくまれ紫色をしているほか、株にもよるが、茎もこい紫色をしているものが
見られる。
生の状態だとキレイな紫色をしているが茹でると緑色になってしまう。電子レンジを使えば
あるていど変色は抑えられるが、あまりきれいな色には仕上がらない。

スピガリエッロ

スピガリエッロはイタリアの品種で茎ブロッコリーの一種。イタリアのナポリ地方では
ポピュラーな食材のようで、ピッツアやパスタなどにも使われている。
スピガリエッロは国内で一般的なスティックブロッコリーよりもスリムで、蕾のつき
かたは菜の花に似ている。おおきな特徴は葉の形状で、細長い葉はフチがすこし縮れて
いる。お浸しや和えものがおすすめ。

栄養と効能

疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止に効果

ビタミンCが非常に豊富。疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止に効果がある。

葉酸がたくさん含まれている

葉酸はDNAの合成や調整にふかく関わっており、正常な細胞の増殖をたすける働きがある。
妊娠前後の女性にとっては、胎児の成長に大量に必要とされるので、普段の必要量の
約1.7倍摂取する必要があるといわれている。葉酸が不足すると舌炎や精神神経異常が
起こるそう。

ビタミンK、Eも豊富

ブロッコリーを使ったレシピ

ブロッコリーと帆立のアンチョビいため

材料(2人分)

ブロッコリー(小房にわけ半分にきる)  100g  
アンチョビ(細かくたたく)  1枚
帆立  150g
にんにく(みじん切りにする)  1/2片
塩  少々
こしょう  少々
オリーブオイル  適量

作り方

❶帆立は食べやすい大きさにわり、塩、こしょうをふる。

❷オリーブオイル、にんにくをいれ熱したフライパンにブロッコリーを加えいためる。
 フタをし弱火で約2分間ムし焼きにする。

❸②のフタをあけ火をつよめアンチョビ、帆立をいれ炒める。塩、こしょうで味を
 ととのえれば出来上がり。

ブロッコリーのチーズ焼き

材料(2人分)

ブロッコリー  150g
プチトマト(半分にきる)  4個
ウインナーソーセージ(小口切りにする)  2本
塩  少々
こしょう  少々
ピザ用チーズ  50g

作り方

❶ブロッコリーは小房にわけラップにつつむ。電子レンジに1分間かけカネツする。

❷耐熱皿にブロッコリー、プチトマトをならべる。塩、こしょうをふる。

❸②にウインナーソーセージをのせ、ピザ用チーズをふりかける。

❹温めたオーブントースターで焦げ目がつくまでやけば出来上がり。

ブロッコリーとアボカドのポタージュの料理レシピをご紹介します。
ブロッコリーとバーニャカウダソースの料理レシピをご紹介します。

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする