「 料理レシピ 」一覧

ルイボスティーが美容によい理由は?ノンカフェインティーの効能は?

ルイボスティーが美容によい理由は?ノンカフェインティーの効能は?

ルイボスティーは、南アフリカの限られた地域だけで育つ植物。ミネラル豊富で抗酸化作用もあり、妊活、ダイエット、アンチエイジングが期待される。葉を乾燥させつくる飲みもので健康茶の一種である。乾燥させた葉は、お茶として利用されるほか、リキュール(ルイボスリキュール)としても楽しまれている。

ズッキーニの旬は?健康効果や美容効果については?レシピは?

ズッキーニの旬は?健康効果や美容効果については?レシピは?

ズッキーニの旬は6~9月。きゅうりやなすの一種と思われがちだが、実はかぼちゃの仲間。オリーブ油との相性がよく、炒めると栄養素の吸収率が高くなる。免疫力をあげる成分をもち、夏風邪の予防によい。南仏料理のラタトゥイユによく用いられる。

きゅうりの諺「瓜の蔓に茄子はならぬ」の意味は?美容成分は?

きゅうりの諺「瓜の蔓に茄子はならぬ」の意味は?美容成分は?

きゅうりの旬は6~8月。きゅうりの95%は水分。体をひやす作用があり、夏場の水分補給に効果的。濃い緑色で、ハリやツヤのあるもの、また表面のイボがピンと尖っているものが 新鮮。水分にも乾燥にも弱いため、一本ずつ新聞紙などにつつんだ上でラップをし野菜室にいれておくと日持ちしやすい。

梅の旬はいつなの?種類や効能は?美容効果やレシピについては?

梅の旬はいつなの?種類や効能は?美容効果やレシピについては?

梅の旬は6~7月。店頭に出まわる時期がみじかいため、5月あたりから頻繁に入荷を確認しておくとよいでしょう。生産地は和歌山がダントツで、「南高梅」「古城」などが有名。未熟なうちに収穫される青梅は梅酒につかわれ、あるていど色がつくまで熟してから収穫される完熟梅は梅干しにつかわれる。古来より体によい食べものとして知られており、疲労回復・老化防止を中心にさまざまな薬効をもつ。

オレンジの旬や種類の数は?健康効果や美容効果は?レシピは?

オレンジの旬や種類の数は?健康効果や美容効果は?レシピは?

オレンジの旬は、国産物の場合1~3月。輸入物はバレンシアオレンジが4~10月、ネーブルオレンジが11~3月が旬となり、ほぼ通年手にはいる。国産のオレンジはほとんどがネーブルオレンジ。バレンシアオレンジのほうがやや酸味がつよい。オレンジはミカン科ミカン属の柑橘で、インドのアッサム地方が原産とされている。現在国内で流通しているオレンジのほとんどはアメリカなどからの輸入物となっているが、国内でもネーブルオレンジやタロッコオレンジ(ブラッドオレンジ)が少量つくられている。

きんかんの旬や由来は?花言葉の意味や栄養 レシピをご紹介します!

きんかんの旬や由来は?花言葉の意味や栄養 レシピをご紹介します!

きんかんの旬は1~3月。ミカン科キンカン属の木になる果実で、原産地は中国とされている。きんかんの渡来は江戸時代で、中国船が日本で難破したさいに助けたお礼に金柑の砂糖漬けが贈られた。その種をまいたことで日本にきんかんが広まったそう。きんかんは別名、ヒメタチバナ(姫橘)ともいう。ヒメは小さいの意味で、果実が直径2cmほどと小さいためにこう呼ばれる。

大根おろしに医者いらずの意味は?健康効果やレシピをご紹介します!

大根おろしに医者いらずの意味は?健康効果やレシピをご紹介します!

大根の旬は11~2月。最もおおく出回っているのは「青首大根」といわれる種類。品種改良がすすみ一年をつうじて手にいれることができるが、寒い時期のほうが、甘みがありみずみずしい。春夏に出回るもののほうが辛味がつよい傾向にあり、そちらを好む向きもある。葉にちかいほど甘く、下にいくほどカラみが強くなる。葉つきで買った場合、葉が根の水分を 奪ってしまうため、切りわけて保存する。消化をたすけ、胃腸をととのえる成分をふくむので、食べ過ぎや胃もたれには大根おろしが効く。

いちごは野菜なの果物なの?葉酸含有量は?種類やレシピは?

いちごは野菜なの果物なの?葉酸含有量は?種類やレシピは?

近ごろ、スーパーなどで苺をよく見かける。いちごの旬はいつなのでしょうか?いちごの旬は4~5月。クリスマスケーキでの需要がたかく、出荷量が一番おおいのは12月後半となる。それに合わせて促成栽培の技術が進んだため、12月後半から旬である春になるまでまんべんなく出回るようになった。数多くのブランドがあるが、栃木の「とちおとめ」や、福岡の「あまおう」などが有名。

牡蠣の旬はいつ?真牡蠣と岩牡蠣のちがいは?栄養やレシピは?

牡蠣の旬はいつ?真牡蠣と岩牡蠣のちがいは?栄養やレシピは?

牡蠣の旬は12~4月。英語で「R」のつかない月(5~8月)には食べるなと言われる。夏場は菌の繁殖が活発となり食中毒のおそれがあるうえ、産卵期で身がやせておいしくないため。しかしこれは真牡蠣の場合で、岩牡蠣の場合は夏(6~8月)が旬とされる。流通している牡蠣は、ほとんどが養殖もの。天然の岩牡蠣は、獲れる量が限られているため、非常に高価。「海のミルク」と呼ばれるほど、豊富な栄養をもつ。

納豆とオリーブオイルの組み合わせは最強?2つの免疫力UP成分は?

納豆とオリーブオイルの組み合わせは最強?2つの免疫力UP成分は?

気温も下がり、空気も乾燥している今、風邪シーズンの到来。そんな時期のつよい見方が、免疫力アップに効果抜群な納豆とオリーブオイル。納豆とオリーブオイルそれぞれに含まれる成分や免疫力アップ以外のうれしい効果を調べてみたいと思います。