大根おろしに医者いらずの意味は?健康効果やレシピをご紹介します!

大根の旬は11~2月。最もおおく出回っているのは「青首大根」といわれる種類。品種改良が
すすみ一年をつうじて手にいれることができるが、寒い時期のほうが、甘みがありみずみず
しい。春夏に出回るもののほうが辛味がつよい傾向にあり、そちらを好む向きもある。葉に
ちかいほど甘く、下にいくほどカラみが強くなる。葉つきで買った場合、葉が根の水分を
奪ってしまうため、切りわけて保存する。消化をたすけ、胃腸をととのえる成分をふくむ
ので、食べ過ぎや胃もたれには大根おろしが効く。
大根は、アブラナ科ダイコン属の1年草で、古くから日本人になじみの深い野菜の一つ。春の
七草のひとつに「すずしろ」と言うものがあるがこれは大根のこと。大根にはたくさんの
種類があり、大きさや形もさまざま。日本では白いものが一般的で、紅いラディッシュがよく
知られているくらいだが、海外では真っ黒いものや表面だけでなく芯まで紅いものもある。
大根のスプラウトは「カイワレダイコン」として知られている。

健康効果

大根おろし

昔から「大根おろしに医者いらず」という言葉があるくらい、大根おろしはさまざま面から
体によい食品とされている。大根おろしは消化をたすける働きがある。加えて、ビタミンCを
始めとする各種栄養素が豊富に含まれている。大根おろし汁でうがいをすると口内炎や虫歯、
歯肉炎など口の中の炎症に効くともいわれている。
はちみつを加えのむと咳や喉の痛み、声枯れ、二日酔いによいとする民間療法も知られて
いる。古くは魚の毒を消すものとして重宝された。焼き魚に添えられることが多いのはこの
ためである。

大根はおろすことで本来ないイソチオシアネートという成分がうまれる。これは老化予防や
肝機能向上の効果が期待されている。また殺菌力もあり風邪予防にも役立つ。ちなみに時間と
ともにイソチオシアネートは消えてしまうので、大根はおろした直後に食べるのが最も
効果的。
大根に含まれる栄養素には「ビタミンA」「ビタミンC」「食物繊維」「アミラーゼ」などが
ある。

干し大根

大根はそのまま食べるよりも天日で干したほうが栄養価が大幅にアップする。ほした干し大根
は干していない大根と比べると、カルシウムが約21倍、カリウムが約15倍、鉄分が約16倍、
ビタミンB1が約18倍、ビタミンB2が約20倍もある。
大根にはもともと「ジアスターゼ」「カタラーゼ」「オキシターゼ」といった消化酵素が豊富
に含まれている。これらの酵素は胃腸のはたらきをととのえる効果がある。焦げなどに
含まれている発がん性物質を解毒してくれる効果も期待できる。

さらに干すことで増加する栄養素

カルシウム

丈夫な骨や歯をつくるだけではなく、筋肉や神経の機能やホルモン分泌を調整するはたらきも
ある。動物性食品にも含まれているが、食品によって吸収率が異なるのでさまざまな種類を
摂ることが大切。大根は生の状態で100g当たり24㎎含まれている。干すと同量でも504㎎に
まで増やすことができる。1日の摂取目安量が女性の場合、15歳~1日当たり650㎎なので
カルシウム不足のかたの食事に役立てやすい食材といえるのではないだろうか。

カリウム

カリウムは食事でとった塩分の排出をたすけてくれる栄養素。生の状態では100g当たり230㎎
含まれているが、干すことで3450㎎にまで増やすことができる。15歳以上の女性の1日の摂取
目標が2600以上となっているので干し大根50gでも、半量を摂取することができる。

鉄分

鉄分は酸素を全身にはこぶ役割をもつ、大切な成分。不足すると美容面でも悪影響がでる
ため、特に女性は気になるかたも多いのではないだろうか。生の大根には100g当たり、
0.2㎎含まれているが、干すことで3.2gに増やすことができる。鉄分は月経がある女性の
場合は1日の目安量は10.5g。ほかの食材とも組み合わせて、効率よく摂取したい。

ビタミンB1

ビタミンB1は糖質の代謝を促進してくれ、疲労回復にも役立つ栄養素。アルコールの分解にも
不可欠な栄養素なので、アルコールをよく飲むかたは意識して摂取する必要がある。ニラや
にんにく、ネギなどの香味野菜と一緒に調理すると含まれているアリシンという成分により
吸収率がたかまる。
生の状態では100g当たり0.02㎎だが、干すことで0.36㎎にまで増やすことができる。1日の
摂取目安量は年齢にもよるが成人男性の場合は1.2~1.4、成人女性の場合は0.9~1.1㎎と
なる。(年齢を重ねるにつれ目安量がへる傾向にある。妊婦さんや授乳中のお母さんは
+0.2㎎必要)ビタミンB1は水溶性なので、汁ごと食べられるスープなどにするのが
おすすめ。

ビタミンB2

ビタミンB1が糖質の代謝を促進するのに対し、B2は脂質の代謝に役立つ栄養素。身体の発育
にも欠かせない栄養素なので、成長期のお子さんにもとても大切なビタミン。肌荒れや髪の毛
のぱさつき予防にも効果が期待できるし、代謝にはたらくのでダイエット中のかたにも
おすすめ。干したものは旨みが凝縮されているので、おやつにそのまま食べるのもよい。

栄養と効能

根の部分は淡色野菜

根の部分にはあまりこれといった栄養成分は含まれていない。水分がおおく栄養価は低い
ので、とてもヘルシー。低カロリーながら満腹感を得られるダイエット食といえそう。

大根の汁とでんぷんで水アメができる!?

大根にはジアスターゼと言うでんぷん分解酵素がおおく含まれている。でんぷんに大根の汁を
まぜあわせると分解がはじまり糖に変わるからだそう。その為、消化をたすけ、、胃酸過多、
胃もたれや、胸やけなどに効果があるそう。

辛味成分ラファサチン

大根の辛味はラファサチンと呼ばれるイソチオシアネート(芥子油)成分の一種によるもの
で、おろすことでグルコラファサチンが酵素と反応し分解され、生成される。これには発がん
抑制作用や抗菌作用があるとされている。

葉の部分は緑黄色野菜

ビタミンCやE、カリウム、カルシウムをおおく含んでいる。β-カロテンはかなり多い。

グルコラファサチン

辛味成分ラファサチンの前駆体でグルコシノレートと呼ばれる成分の一種。大根特有の臭いや
たくあん漬の黄色色素の基となる。近年、農業・食品産業技術総合研究機構と渡辺農事株式
会社により、グルコラファサチンを含まない大根品種「悠白(ゆうはく)」「サラホワイト」
が開発された。

大根をつかったレシピ

干し大根

材料

大根

作り方

❶大根は皮つきのまま輪切りにする。

❷水気をさらしやキッチンペーパーでふきとる。

❸干しかごなどをつかい、風とおしのいい場所で1~2日間干す。真ん中がへこんだら
 出来上がり。

大根葉めし

材料

米  2カップ
昆布  5cm角  
大根葉  適量


酒  大さじ1
塩  小さじ1/2

作り方

❶米はあらい、普通の水加減にし30分おく。Ⓐをくわえ昆布をのせ炊く。

❷大根葉はサッとゆでる。細かくきざみ汁気をしぼる。

❸炊きあがった①を混ぜる。②をほぐしいれ全体をさっくりまぜたら出来上がり。

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする