節分と恵方巻の由来は?2018年はどの方角をむいて食べればいい?

節分の由来は?

節分は雑節の一つで、季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。
節分とは「季節を分ける」ことも意味している。
一般的には「福は内、鬼は外」と声をだしながら福豆(煎り大豆)をまき、年齢の
数だけ(もしくは1つおおく)豆をたべる厄除けをおこなう。邪気除けの柊鰯などを
かざる。
柊鰯(ひいらぎいわし)は、節分に魔除けとしてつかわれる、柊の小枝とやいた
鰯の頭、あるいはそれを門口にさしたもの。
西日本では、やいかがし(焼嗅)、やっかがし、やいくさし、やきさしともいう。

節分に豆まきをするのはなぜ?

昔は、季節の分かれ目に邪気が入りやすいと考えられ、もっとも重要なのが
「年の分かれ目」だった。
古代中国では、現代の大晦日にあたる節分には、旧年の厄や災難を祓いきよめる
「追儺(ついな)」や「鬼遣(おにやらい)」という鬼をおいはらう邪気祓いの
行事がおこなわれていた。
これが奈良時代に日本につたわり、平安時代に宮中行事として取りいれられた。
この宮中行事の「追儺(ついな)」と、邪気をはらうために春夏秋冬の節分が
おこなわれていた方違い(かたたがえ)行事の「豆打ち」という儀式があわさった
ものが「豆まき」の由来とされている。

鬼は外、福は内の意味は?

「鬼」という言葉は、「隠(おん)」がテンじたものとされている。
本来は鬼は「姿のみえないもの」と得体のしれない「邪気」のことを意味する。
災害や病気などのワルいことは全部、オニの仕業と考えられていた。
そのため、「邪気」である「鬼」をはらい、福をよびこむということから
「鬼は外、福は内」のかけ声をかけながら豆まきをするようになった。

恵方巻の由来は?

恵方巻きの「恵方」は、陰陽道でその年の干支によりさだめられた最もよいと
される方角のこと。その方向に歳徳神(としとくじん)がいるといわれる 。
その恵方にむかい巻き寿司をたべることから、「恵方巻き」や「恵方寿司」と
よばれるようになった。
恵方巻きは、目をとじ願いごとを思い浮かべながら、恵方にむかいムゴンで
一本丸ごとの海苔巻きを丸かぶりすることから、「丸かぶり寿司」や
「丸かじり寿司 」ともよぶ。
巻き寿司をきらず一本丸ごとたべるのは「縁を切らない」という意味が
こめられている。

恵方パン

材料

じゃがいも  2個
マヨネーズ  大さじ1
塩  少々
こしょう  少々
コーン  大さじ2
食パン(耳をきりおとす・8枚入り)  4枚
マヨネーズ  適量
マスタード  適量
焼きのり  2枚
きゅうり(細切りにする)  適量
かにかま  適量

作り方

❶じゃがいもは一口大にきる。水にさらし水気をきる。ラップをし600Wの
電子レンジで5分かける。ラップをはずし、熱いうちに滑らかになるまで
つぶす。マヨネーズ、塩、こしょう、コーンをくわえよく混ぜる。

❷食パンにマヨネーズをぬり、そのうえに食パンより3cm長さにきった
焼きのりをはる。ひっくり返しマヨネーズ、マスタードをぬる。①の生地を
全体にひろげる。

❸②にきゅうり、かにかまをのせる。ラップでまけば出来上がり。

2018年はどの方角をむいて食べればいい?

今年の恵方は南南東をむいて食べる!
恵方巻のレシピで恵方パンをご紹介しましたが、簡単につくれる恵方巻の
レシピが他にもあると思います。
子供たちが笑顔になる恵方巻レシピをぜひ作ってください。

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする