初夢の由来は?一富士二鷹三茄子の由来と意味を知っている?

初夢の由来

初夢とは、新年のある夜にみる夢のこと。この夢の内容で、1年の吉凶を占う
風習がある。
字義どおりに新年最初にみる夢とされることは少なく、現代では元日~2日の夜、
または、2日~3日の夜にみる夢とされることが多い。
文献での初夢の初出は、鎌倉時代の「山家集」である。暦上の新年とは無関係に、
節分から立春の夜にみる夢を初夢としている。この時代は、初夢に限らず、
立春を新年の始まりと考えることが多かった。
その後、暦上の元日を新年の始まりと考えるようになったが、大晦日から元日の
夜にみる夢がかならずしも初夢とはならず、江戸時代には「大晦日~元日」、
「元日~2日」、「2日~3日」の3つの説があらわれた。
「元日~2日」は、大晦日から元日にかけての夜は眠らない風習ができたことが
理由とされる。
「2日~3日」の由来ははっきりしないが、書初めや初商いなどおおくの新年の
行事が2日に行われるようになったのに影響されたためとも言われる。
江戸時代後期には「2日~3日」が主流となったが、明治の改暦後は、「元日~2日」
とする人が多くなった。

初夢の一富士二鷹三茄子の由来と意味

初夢にみると縁起がよいとして、昔からしられている「一富士二鷹三茄子」。
「一富士二鷹三茄子」の由来は、東京の文京区にある「駒込富士神社」が由来と
され、駒込富士神社は江戸時代から富士信仰がさかんで、今でも「お富士さん」
と呼ばれる所。
江戸時代に人気なスポットだった。
当時、駒込富士神社のちかくに「鷹匠屋敷」があったこと。
この地域の名産品の「駒込茄子」があったことが「一富士二鷹三茄子」になった
よう。

一富士二鷹三茄子の意味については諸説ある。

富士はぶじ「無事」、鷹は「高い」、なすは「事を成す」という説。

・富士は無事に一年がすごせるように。たかい志をもち出世をねがう。

・鷹は可能性にたかく、開運やゆめが叶うことに繋がる。

・茄子は事を成す、ゆめが叶う。子孫繫栄につながる。

徳川家康が好んだ説、徳川家康のお膝元であった駿河国にちなんだ
説が有力視されている。
天下をとった男の生涯にあやかろうと、江戸時代から流行り始めたと
言われている。

一富士二鷹三茄子にはつづきがあった!?

四扇五煙草六座頭(しせんごたばころくざとう)」
いう。

四の扇は、祭礼や舞踏の小道具として使われる。
そのカタチが末広がりであることから子孫繁栄や
商売繁盛の意味がある。

五の煙草は祭りや祝いごとなど人々があつまる席では
欠かせないもの。
煙がうえへ上へとのぼる様子が運気上昇を思わせるから。

六の座頭は、剃髪した琵琶法師をさし「毛がない」が
「ケガない」につうじることから家内安全を願ったもの
とされている。

私は初夢もみずに爆睡してました。一富士二鷹三茄子につづきが
あったことや一富士二鷹三茄子の由来に徳川家康が関わっていた
ことも知らなかった。
勉強不足ですね。

お顔の乾燥についての記事をご紹介します。
暮らしの歳時記

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする