手足口病とはどんな病気?原因と症状は?大人がなるとどうなる?

手足口病とは口の中や手足などに水疱性の発疹がでる、ウイルスの感染によりおこる感染症。
こどもを中心におもに夏に流行する。病気の原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイ
ルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)。その他、コクサッキーウイルスA10などが
原因になることもある。

症状は?

感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染(便のなかに排泄されたウイルスが口にはいり感染
すること)が知られている。感染してから3~5日後に口の中の粘膜、手のひら、足の裏や足の
甲などに2~3mmの水疱性発疹がでる。1~3日間発熱することがある。水疱は、かさぶたに
ならずに治る場合がおおく、一週間ほどでなくなる。1~2ヶ月後に手足の爪がはがれることが
あるが、すぐにあたらしい爪が生えてくる。

口の中にできた水疱がつぶれたあとにできる口内炎(口の中にできた潰瘍)がひどく、食事や
飲みものを受けつけなくなることから、脱水症状をおこすこともある。まれに髄膜炎、小脳
失調症、脳炎などの中枢神経系の合併症のほか、心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺
など、さまざまな症状がでることがある。

対策は?

手足口病に対する薬はない。治ったあとでも、比較的ながい期間、便などからウイルスが排泄
されることがある。感染しても発病はせずウイルスを排泄している場合がある。手足口病は、
発病しても、かるい症状だけで治ってしまうことがほとんどであるため、感染してはいけない
特別な病気ではない。これまでほとんどの人がこどもの間にかかり免疫をつけてきた感染症。

一般的な感染対策は接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすること、排泄物を適切に
処理すること。とくに保育施設などの乳幼児の集団生活では、感染をひろげないために、職員
とこどもたちがしっかりと手洗いをすることが大切。特におむつを交換するときには排泄物を
適切に処理し、しっかりと手洗いをする。
手洗いは流水と石けんで十分におこない、タオルの共用はしてはいけない!

大人もかかる病気?

手足口病はこどもよりも大人のほうが症状が重くでやすいことが特徴。発疹のイタみは大人の
ほうが強くでる。とにかくイタく、足裏などにひどくでると歩けないほどになる。インフル
エンザにかかる前のような、全身倦怠感、悪寒、関節痛、筋肉痛などの症状がでることがある
のも大人の特徴。発疹が、手足口以外にひじ、膝、お尻などに見られることもある。とくに
近年では、手足口にくわえお尻にでる傾向がつよくなっている。これはおそらく、ウイルスが
すこしずつ変異しているからだと考えられる。

夏期につぎのような症状が見られたら、手足口病かもしれない。早めに医療機関を受診
しよう。

・口内炎ができており、よく見ると手や足にもうっすら発疹のようなものが出ている
・口の中が痛く、熱がある
・なんだかよくわからない発疹が、手足やほかの箇所に見られる
・風邪の前触れのような悪寒がある
・全身がだるい
・関節痛や筋肉痛を感じる

手足口病に大人がかかるケースで最もおおいのは、自身のこどもがかかり、そこからもらうと
いうパターン。こどもがかかった後に、これらの項目のうち1つでも当てはまれば、かかって
いる確率はたかいといえる。こどものいない大人でも、公共交通機関などの場でこどもと接触
することはあるので免疫力がおちていればかかってしまう。
では、手足口病を予防するためにはどうすればいいのでしょう?

手洗い、うがいは念入りに

かかったこどもの看病をする際に感染しないよう、十分気をつけること、免疫力をたかめる
こと。それ以外に方法はない。手足口病は基本的には飛沫感染なのでかかった人の唾液などが
口の中にはいらなければ感染をふせぐことができる。すべての風邪予防にいえることだが、
やはり手洗い、うがいは念入りにおこなう。

こどもがかかった場合、看病する大人はかならずマスク着用で接し、いつも以上に手洗い、
うがいをきっちりと行なう。ウイルスは便中にもでる。便から感染する糞口感染はすく
ないが、オムツ替えのあとは、いつもより念入りに手洗いをする。

長時間の日焼けは避ける

日焼けをすると免疫力がおちることがわかっている。夏場は海水浴などのレジャーにでかける
機会もおおいかと思うが、日焼け対策はきっちりと行なう。

睡眠はしっかりとる

寝不足の状態だと免疫力は明らかにおち、風邪にかかりやすくなる。暑さのために寝苦しい
こともおおいかもしれないが、適宜エアコンを使うなどし、良質の睡眠を十分に確保する
ようにしよう。

女性は生理後に要注意

生理は、実はウイルスの活性化をうながす誘発因子の一つとされている。生理は避けようが
ないので仕方がないが、生理のときは十分に休養をとるなど、いつも以上に体をいたわり、
無理のない生活を心掛けよう。

暴飲暴食もNG

夏場はついビールや冷たいものばかり飲んだり、開放感からドカ食いしてしまったりしがち
だが、これも手足口病などの風邪をひきやすくする行為。暴飲暴食は、胃腸に負担をかける。
腸は免疫力をうみだす要。腸が疲れると免疫力もがくんと落ちてしまう。食べ過ぎ、のみ
過ぎに注意し、バランスのとれた、適量の食事をとるようにしよう。

手足口病という病名は知っていますが、こどもだけがかかる病気と思っていました。大人も
かかる病気なんですね。ウイルスの数がおおいとかかる回数もふえる怖い病気。手足口病に
ついて調べてよかったです。

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする