花粉の地域別飛散時期はどれくらいある?花粉の種類と対策は?

わたしはしもやけもひどいけど、花粉症もヒドい。眼は目玉をとりだし水洗いしたいほど痒く
なり、鼻はハナ栓をしないと涎なみにたれる始末。今年こそ花粉症対策をしっかりしなきゃ!
花粉症というとスギ、ヒノキ花粉のイメージが強いものの、夏や秋の植物で鼻炎の症状がでる
例もおおく、最近は「通年病」とも言われつつある。

夏や秋の花粉症を知らないひとも多く、「花粉症シーズンじゃない」という思いこみから、
風邪と判断し、なんの対策もこうじていない人もいるよう。もしかしたら、そのつらい鼻炎は
スギ、ヒノキ以外の花粉による症状なのかもしれない。

花粉の種類は?

スギ花粉

飛散時期は2-4月。飛散量がおおく、日本で最もおおい花粉症の原因。飛散距離がながく、
ごくわずかな飛散量の北海道、沖縄をのぞき、全国で発症。症状は鼻アレルギー、目の
かゆみ、のどの違和感、皮膚の痛みなどがある。

ヒノキ花粉

飛散時期はスギよりすこし遅れて、3-5月。スギと同じく飛散距離がながく、広範囲で発症。
スギ花粉症とあわせてヒノキ花粉症をもっている人もおおく、その場合は重症化しやすい。
症状もスギ花粉症と同じ。

シラカンバ花粉

飛散時期は4~6月。北海道での花粉症のおもな原因で、患者数も年々増加傾向にある。おもな
症状は、鼻水、目のかゆみ、くしゃみなどがある。りんごなどを食べると口内がかゆくなる
「口腔アレルギー」を引きおこすことがある。東北エリアに多い。

イネ花粉

飛散時期は5~6月。飛散距離は100メートルほどと短いが稲刈りのとき、イネについた花粉が
舞いあがることもあるので秋も注意が必要。鼻や目に症状がおきるほか小麦の食物アレルギー
を発症しやすくなることもある。東北エリア、関東エリア、関西エリア、九州エリアに多い。

ブタクサ花粉

飛散時期は8-10月。日本ではスギ、ヒノキに次いでおおい花粉症。背がひくい草花で飛散距離
が短いため、近づかなければ避けられる。鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、喘息の原因にも
なる。東北エリア、関東エリア、関西エリア、九州エリアに多い。

ヨモギ花粉

飛散時期は8~10月。繁殖力が強く、雑草の生いしげる河川敷、空き地などに群生している
ことが多いので、散歩などで近くをとおるときは注意が必要。鼻水、鼻づまり、目のかゆみ
などがおもな症状。東北エリア、関東エリア、関西エリア、九州エリアに多い。

カナムグラ花粉

飛散時期は8~10月。飛散距離は数十メートルと短く、花粉の量も少なめだが道端など身近に
生息していることがおおい。鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状がある。メロン、スイカ
などで「口腔アレルギー」を引きおこすことがある。東北エリア、関東エリア、関西エリア、
九州エリアに多い。

花粉症対策は?

食生活

アレルギーの症状をかるくするためには、規則正しい食生活が重要。暴飲暴食はさけ、お酒や
お菓子は控え目にし体に負担をかけないようにする。体にやさしいお茶や野菜をたくさん
とり、栄養バランスのいい食事を心掛ける。ヨーグルトの乳酸菌や青汁、甜茶(てんちゃ)
などがよいと言われているが、個人差もあり、すぐに効果が期待できるわけではない。

習慣

室内にはいる前に服についた花粉を払いおとす。うがいや洗顔で花粉を洗いながすと効果的。
花粉シーズンにはドアやサッシをしっかりと閉め、外からの花粉の侵入を防ぐ。外から持ち
こまれた花粉を除去するためにも、こまめな掃除を心掛ける。
早寝早起きをする。バランスのとれた食事をとる。適度な運動をするなどし、体調をととの
える。花粉シーズンは布団は外に干さず、布団乾燥機などをつかうようにする。どうしても
干したい場合は、花粉の飛散量のすくない午前中にする。

グッズ・アイテム

外出先では花粉が顔にふれないように帽子やマスクをし、サングラスやメガネをかける。家の
なかでは空気清浄機をかけ花粉の飛散をふせぐ。喉がつらいひとは、うるおいをたもつ加湿器
をつかうとよい。

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする