ヒトメタニューモウイルス感染症という病気を知っていますか?

ヒトメタニューモウイルス(human metapneumovirus:hMPV)とは、2001年に
オランダで発見された新しいウイルス。聞きなれない名前だが、インフルエンザ
ウイルスやRSウイルスについで多い、呼吸器疾患の原因ウイルスのひとつ。
感染すると、発熱やせき、鼻水といった風邪の症状をおこす。ひどくなると
気管支炎や肺炎などをおこすこともある。
感染力はつよく、咳のしぶきを吸いこんだり(飛沫感染)、手指についた
ウイルスが体にはいることにより(接触感染)、感染する。
流行時期は3月~6月とされている。生後数ヵ月から5歳くらいの乳幼児がかかる
ことが多いが、大人にも感染する。

小児の呼吸器感染症の5~10%、大人の呼吸器感染症の2~4%は、
ヒトメタニューモウイルスが原因だと考えられている。
とくに乳幼児や高齢者では重症化することもあり、注意が必要。

ヒトメタニューモウイルスの症状は?

ヒトメタニューモウイルス感染後の潜伏期間は4~6日間くらいではじめは発熱や
せき、鼻水などの風邪の症状がでる。ひどくなると喉から「ゼイゼイ」、
「ヒューヒュー」といった呼吸音がきこえ(喘息様気管支炎、細気管支炎)、
呼吸困難をおこす場合もある。
咳は1週間ていど、発熱は4~5日ていど続くことが多い。細菌と同時に感染して
しまうこともある。なかなか熱がさがらなかったり、中耳炎をおこすこともある。
ヒトメタニューモウイルスに感染してもおおくは1週間ていどで症状はなおる。
しかし、一回の感染では十分な免疫がえられないため何度かくり返し感染する
ことがあるといわれる。
年齢があがるにつれ徐々に免疫がつき、症状はかるくなる傾向がある。

診断法と迅速診断キット

ヒトメタニューモウイルスの診断方法としては、鼻からとった検体(鼻腔ぬぐい液や
鼻腔吸引液)やのどからとった検体(咽頭ぬぐい)からウイルスそのものを直接
検出する方法がもっとも確実とされている。トクベツな機器が必要で、時間も
かかる。
ウイルスの遺伝子を検出する方法も精度のたかい診断法で、やはりトクベツな
装置が必要。外来でもかんたんに検査できる迅速診断キットが使われるように
なった。
迅速診断キットの検査結果とあわせ、患者の年齢や病気の経過、症状、レントゲン
所見やほかの検査結果などから医師が総合的に診断する。

迅速診断キット

ヒトメタニューモウイルス感染症のおおくは風邪の症状からはじまる。ほかにも
同じような症状をおこすウイルスや細菌があり、見た目だけでは区別がつかない。
ゲンインを特定することで症状の予測ができる。治療方針をきめる上でも迅速診断
キットは有用されている。
迅速診断キットにより、病気のゲンインをしることができるため、家族にとっても、
また医師にとっても安心につながると考えられる。

治療と予防は?

ヒトメタニューモウイルスに効くくすりはない。トクベツな治療法はないため、
症状におうじた対症療法がキホンとなる。
細菌の感染(二次感染)がみられる場合は、抗生物質が処方されることがある。
時間がたてば自然になおることがおおいが、症状がおもい場合は、入院し治療する
場合もある。
まずは、呼吸困難と飲みものや食べものをとれなくなることによる脱水症に
チュウイする。
心配な場合にははやめに医療機関を受診することをおすすめする。

予防

ヒトメタニューモウイルス感染症にトクベツな予防法はない。感染経路は
インフルエンザなどとおなじ。普段から「手洗い」「うがい」をすること。
充分な「睡眠」「栄養」をとることが重要。
流行しているジキや、家族に患者がいる場合にはマスクをすることも効果的。

乳幼児や高齢者がいるご家庭、福祉施設は特にインフルエンザや新しいウイルス
感染に気をつけないといけません。
これで大丈夫と過信することなく、乳幼児や高齢者が安心して過ごせるよう
一人ひとりが高い意識をもつことが大切です。

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする