きゅうりの諺「瓜の蔓に茄子はならぬ」の意味は?美容成分は?

きゅうりの旬は6~8月。きゅうりの95%は水分。体をひやす作用があり、夏場の水分補給に
効果的。濃い緑色で、ハリやツヤのあるもの、また表面のイボがピンと尖っているものが
新鮮。水分にも乾燥にも弱いため、一本ずつ新聞紙などにつつんだ上でラップをし野菜室に
いれておくと日持ちしやすい。

きゅうりのことわざとは?

「瓜の蔓に茄子はならぬ」の意味は、平凡な親から非凡な子は生まれないことのたとえ。原因
のないところに結果は生じないということのたとえ。ウリの蔓にはウリしかならず、ナスも
ナスの木にしかならないということ。

美容成分とは?

体内脂肪の分解・代謝向上

ホスホリパーゼは2010年に発見された脂肪分解酵素。体内の脂肪の分解・代謝向上効果がある
とされ、痩せやすい体質になることが期待できる。

むくみに効果あり

利尿作用があり、体内の老廃物を排出するはたらきのある「イソクエルシトリン」や「カリ
ウム」が含まれているため、デトックス効果やむくみの解消が期待できる。

美肌づくりへの役割

きゅうりに含まれるシリカ(ケイ素・珪素)というミネラルには、髪や爪を強化し光沢をあた
える効果、関節を健やかにたもつ、コラーゲンの生成をたすけシワのない弾力のある肌を
つくる効果があるとされている。肌、爪、毛髪の老化防止や修復に役立つとされている。
シリカはきゅうりの切り口からでる白くて苦味のある物質におおく含まれている。

ストレス解消

きゅうりの青臭いかおりは、キュウリアルコール(C9H12OH)とよばれ、森林浴のかおりの
一つ。ストレス解消に効果があるとされている。

食欲増進作用

きゅうりの頭の部分にふくまれる苦味成分「ククルビタシン」という成分には、胃液や唾液の
分泌を促進し、食欲を増進させる作用がある。

きゅうりを使ったレシピは?

キュウリの煮びたし

材料(2人分)

きゅうり  1本
煮干し  5g
しょうゆ  大さじ1
水  1カップ

作り方

❶きゅうりは斜め薄切りにし千切りにする。

❷鍋に煮干し、水をいれ中火にかける。煮立ったらきゅうり、しょうゆを加える。
 きゅうりがしんなりするまで煮る。

❸煮上がりを汁ごとボウルに移す。ボウルの底を氷水にあてながら手早くひやせば
 出来上がり。

きゅうりと牛肉の黒こしょういため

材料(2人分)

きゅうり(軽くたたき乱切りにする)  2本
牛切り落とし肉  120g

下味
しょうゆ  大さじ1
砂糖  大さじ1

サラダ油  大さじ1
ごま油  小さじ1
塩  適量
粗びきこしょう(黒)  適量

作り方

❶牛切り落とし肉はしゅうゆ、砂糖で下味をつける。

❷サラダ油半量をひき熱したフライパンにきゅうりをいれ炒める。塩をふり、
 焼き色がついたら一度とりだす。

❸②のフライパンにのこりのサラダ油をいれる。①の牛肉をいため、粗びき
 こしょう(黒)をふる。

❹②のきゅうりを戻しいれ炒めあわせる。ごま油をくわえ、仕上げにもう一度
 粗びきこしょう(黒)をふれば出来上がり。

夏場の水分補給にきゅうりを食べて、夏バテに備えよう!

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする