冷え性の予防改善にマイタケ?マイタケを使ったレシピは?

冷え性のわたし。しかも体温が常に36℃以下で手先、足先の両方がいつも冷えている。貼る
カイロとネックウォーマーを使っても寒い。少しでも冷え性を治したい!身体の内側から
ポカポカしたい!

冷え性の予防改善になぜマイタケ?

身体をひやしてしまうと免疫力は低下する。放っておくと命に関わることにもなる。体温が
1℃下がる免疫力は3割もダウンする。身体の外側から温めるのも大事だが、身体の内側からも
温めることが重要。

マイタケには、冷え性に効果があるナイアシンとβーグルカンという成分が豊富に含まれて
いる。ナイアシンは血管をひろげる効果があり、βーグルカンは血液をサラサラにする効果が
ある。マイタケは、ぶなしめじやえのきたけより含まれているナイアシンの量やβーグルカン
の量が多い。1日に100gが摂取量の目安なので分けて食べてもOK!

まいたけをつかったレシピをご紹介

まいたけとささ身のおろしポン酢あえ

材料(2人分)

まいたけ  1パック
鶏ささ身  2本
大根(すりおろす)  250g
貝割れ菜  適宜
ポン酢しょうゆ(市販のもの)  大さじ2
いりごま(白)  少々

ささ身の下味
酒  大さじ1
塩  小さじ1/2

ごま油  小さじ1/2

作り方

❶ささ身はしろい筋があればとりのぞき、まいたけは石づきをきる。貝割れ菜は根元を
 きりおとし、長さを半分にきる。小さめの器に下味の材料をまぜる。

❷ささ身は先端のほそい部分をおりこみ耐熱皿にのせ、下味をふり全体にからめる。
 ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで1分ほど加熱する。とりだし上下を
 かえし、ふたたびラップをしさらに1分加熱する。とりだしラップをしたまま粗熱を
 とり、食べやすいおおきさに裂く。

❸まいたけは温めたグリルで3分ほど焼く。表面に焼き色がついたら取りだし粗熱を
 とる。食べやすくさく。

❹ボウルにささ身、まいたけ、水気をきった大根おろしをいれ混ぜる。ポン酢しょうゆと
 ごま油をくわえさっと和える。器にもり、貝割れ菜をのせ、白ごまをふれば出来上がり。

まいたけとみょうがのかき揚げ

材料

まいたけ  100g
みょうが  20g
玉ねぎ  30g
水  適量
てんぷら粉  適量
揚げ油  適量

作り方

❶まいたけは手でほそくちぎる。みょうが、玉ねぎも同じようにし、細切りにする。

❷①を混ぜあわせ、てんぷら粉をつける。

❸②を2~3分ほどあげれば出来上がり。

舞茸をたべるだけで冷え性が治るなら是非、試してみたいです!

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする