マンゴーの種類は?ウルシオール成分って何?レシピをご紹介!

マンゴーと聞くと宮崎県の「太陽のタマゴ」を思い浮かべてしまう私。「太陽のタマゴ」
とは、糖度15℃以上、重さ350g以上で色づきもよい完熟マンゴーのこと。完全に熟して
自然に枝からおちたところを、かぶせていたネットで収穫する。
今回は、マンゴーの種類や効能、マンゴーを使ったレシピについて調べてみました。

マンゴーの種類

マハチャノ種

特徴 マハチャノ種は、全体にゆるいカーブを描いたようなかたちで、大きさは300g~
   400gほどある。表面のいろは部分的にすこし赤みを帯びたあかるいオレンジ色で
   すべすべしている。果肉はイエローオレンジで繊維質がすくなく滑らかな舌触り。
   甘み酸味ともつよくナムドクマイ種よりも濃厚な味わいがたのしめる。香りが
   つよいのも特徴となっている。

ナンドクマイ種

特徴 別名をゴールデンマンゴーとも呼ばれ、品種名前の「ナンドクマイ」とはタイで
   「花の雫(しずく)」という意味。ナンドクマイ種は、かたちはフィリピン
   マンゴーとよく似ていて、遠目でみると見分けがつかないくらい。フィリピン
   マンゴーよりかなり大きく、1個300~350gほどある。先が尖っているのも特徴。
   表面のいろは黄色からうすい黄色で果肉はイエローオレンジで繊維質がすくなく
   滑らかな舌触り。濃厚な甘味がたのしめる。

カラバオ種

特徴 フィリピンマンゴー、ペリカンマンゴーなどとも呼ばれる。果皮はきいろで形は
   平たい、果肉もきいろい。濃厚な甘さのなかにほどよい酸味があり、滑らかな
   舌触り。

カッチュー種

特徴 カッチュー種マンゴーのおおきさは250g~400gで一般的なフィリピンのカラバオ
   マンゴーよりは大きく、かたちはすこし似ている。市場に出まわっているものは
   うすい黄緑色から黄色味が帯びてきたような淡い色合いでのものが多いが、追熟
   させるとより表皮の黄色がこくなる。熟すとマンゴー独特のあまい香りを発し、
   糖度は平均で20℃前後とされている。繊維質がすくなく滑らかで濃厚な甘さが
   たのしめる。

アーウィン種

特徴 アップルマンゴーと呼ばれるものの一つで、熟すと表皮があかく染まるマンゴー。
   現在、宮崎県や鹿児島県、沖縄、それ以外の各地で栽培されているもののほとんど
   がこのアーウィン種。果実のおおきさは小さいもので300gほど、大きいものだと
   500gほどで表面がこい赤にいろづく。果肉はこい橙色で、熟した柿のような色を
   している。アーウィン種特有のすこし繊維質が感じられるが、舌にまとわりつく
   ような濃厚な甘さと、それを引きたてる柔らかい酸味をもっている。アーウィン種
   のほかにケント種、ヘイデン種、トミーアトキンス種もアップルマンゴーと
   呼ばれるものの一つ。

キーツ種

特徴 キーツマンゴー・グリーンマンゴーの形はアップルマンゴーとよく似ているが
   外皮はみどり色。果肉はきいろからオレンジ色をしており、繊維質がすくなく
   滑らかな舌触り。

ケンジントン・プライド種

特徴 別名をピーチマンゴーとも呼ばれる。大きさは300~500gほどで形はア-ウィン種
   とよく似ている。表皮のいろは黄色地に部分的にあわくピンク色をかぶせたような
   感じ。この色合いがピーチマンゴーと呼ばれるゆえん。

栄養成分と効能  ウルシオールにご注意!

マンゴーはビタミンCやカリウムを豊富にふくんでいる

カリウムは身体からナトリウムをだす働きがあるため、高血圧症のかたによいとされて
いる。

熟したものはベータカロテンが豊富

完熟し、濃い黄色になった果肉にはベータカロテンが含まれている。これは成人病予防に
効果があり、体内で必要な分だけビタミンAに変換される。

マンゴーは消化酵素ももっている

パパイヤとおなじような、消化を助ける酵素も含まれていることがわかっている。

ウルシオールにご注意

マンゴーはウルシ科の植物で、果皮にはウルシオールというウルシ成分をふくんでいる。
人によっては、かゆみがでたり、かぶれたりする場合があるので注意が必要。

マンゴーを使ったレシピ

マンゴーといかのタルタル

材料(2人分)

マンゴー(正味)  60g
いか(刺し身用・胴体の部分)  1/2杯
パッションフルーツ  1/2個
セロリ(みじん切りにする)  10cm分
青唐辛子(みじん切りにする)  少々


オリーブ油  大さじ1
白ワインビネガー  大さじ1/2
塩  少々
こしょう  少々

作り方

❶マンゴー、いかは皮をむき、2cm角ほどにきる。いかに塩少々(分量外)をふる。

❷パッションフルーツはスプーンなどで実をくりぬく。

❸ボウルにすべての材料をいれ、よくあえれば出来上がり。

ハニーマンゴーヨーグルトアイス

材料

ドライマンゴー(1cm角にきる)  80g
ヨーグルト(無糖)  300g
牛乳パック(洗いしっかり乾燥させる)  1個
生クリーム  300cc
はちみつ  大さじ4

作り方

❶ヨーグルトのはいったボウルにドライマンゴーをいれ混ぜる。冷蔵庫にいれ1時間おく。

❷牛乳パックにヨーグルト、生クリーム、はちみつをいれる。口をとじ、30回ふる。

❸冷凍庫にいれ一晩ねかす。

❹牛乳パックからとりだし、お好みのおおきさにきれば出来上がり。

初めてマンゴーを食べたとき、口のまわりや首回りがかゆくなり、自分の体がおかしく
なったのかと不安になったことを覚えています。今回、マンゴーの栄養成分について
調べてみて、ウルシオールというウルシ成分がかゆみやかぶれの原因になっていることが
わかって安心しました。皆さんもウルシオールに気をつけてくださいね。

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする