抹茶はお好き?抹茶の歴史や栄養成分は?レシピを知りたくない?

抹茶の歴史

「お茶」は、中国で紀元前2700年ごろ始まったとされている。当初は漢方薬の一種として飲み
はじめられたそう。遣唐使や留学僧たちが唐よりお茶の種子を持ち帰ったことにより日本に
「お茶」は伝えられた。当初は日本でもお茶は医薬品として扱われ、貴族や有力層のみが口に
していた。1191年に臨済宗の開祖となった栄西が中国から帰国したさい、茶のタネを持ち帰る
とともに、茶の粉末をお湯の中にいれ、かきまぜる抹茶法を伝えた。

時の将軍、源実朝に一杯のお茶と茶の効用をのべた「喫茶養生記」を献上するなどしてお茶を
武家社会にまでひろめた。南北朝時代には抹茶は一般階級にも普及した。室町幕府から安土
桃山時代に村田珠光(むらたじゅこう)、武野紹鴎(たけのじょうおう)、千利休らにより
新しいお茶の礼式がつくられ、「侘茶(わびちゃ)」として大成した。その後、武士階級に
普及し、現在の「茶道」として完成されていった。

近年、日本食は健康ブームの後押しもあり世界各国で受けいれられている。同じように日本
茶、抹茶の魅力もひろく認知されるようになった。すでに「MATCHA」という言葉は世界
共通語ともいえるようになった。中国を起源とするお茶も、現在では日本から世界各国へと
輸出されるようになっている。

栄養成分とカロリー

現在ではおおくの海外セレブや健康志向のひとを中心にブームとなっている「スーパーフー
ド」の一つとして、日本茶が注目を集めている。そのなかでも特に人気を集めているのが
「抹茶」。日本茶は、「旨味、甘味、渋味、苦味」による絶妙な調和と爽快感のあるのど
ごしが特徴ののみものである。しかも水溶性のビタミン類やミネラルも豊富にふくまれて
いるので、健康と美容に効果が期待できる。

だが、お茶の葉には脂溶性の栄養成分も豊富にふくまれているため、煎茶や玉露などの緑茶
では茶葉にふくまれる栄養成分をまるごと摂取することができない。しかし、抹茶ならば
茶葉を石臼でひきパウダー状にしているため、茶葉に含有されている栄養成分をすべて摂取
することができる。

栄養成分

抹茶をふくむほぼすべての日本茶には、「カテキン類、アミノ酸、カフェイン、遊離還元糖、
アルコール沈殿高分子物、水溶性ペクチン」などがふくまれている。これらの栄養成分がどの
くらい含有されているのかにより風味がかわると言われている。
緑茶は、荒茶を製造するさいに酸化酵素のはたらきを抑制させるためカテキン類のほとんどが
酸化せずにのこる。エピカテキン、エピガロカテキンは苦み、エピカテキンガレート、エピガ
ロカテキンガレートは渋味と苦味を引きたたせる役目をそれぞれ作用している。

抹茶の場合、ふるくから“葭簀下十日、藁下十日”の覆下栽培によりそだった茶葉をつかい製造
されているため、光合成をおこなうために必要な日光が遮断されてしまい、アミノ酸からカテ
キンが生成されにくく、煎茶よりもカテキンの含有量がすくなく、アミノ酸の含有量がたかく
なっている。茶葉には、「テアニン、グルタミン酸、アスパラギン酸、アリギニン」といった
様々なアミノ酸が含有されている。なかでも旨味と甘味をつかさどる「テアニン」の含有量が
いちじるしく、まろやかで上品なあまみとほろ苦さをもつお茶となる。

カロリーは?

抹茶の気になるカロリーだが、なんと100gあたり324kcalとそこそこのカロリーの持ち主。
抹茶1杯分につかわれる抹茶の量は平均1.5g。一杯あたりのエネルギーは4.9kcalとなる。ほか
の緑茶とくらべるとややカロリーが高く、ふとりやすいという印象をうけるが、1日に200mg
以上カテキンを摂取することでダイエット効果をえることができる。
抹茶の場合、太陽の下でそだった煎茶とくらべるとカテキン含有量はやや劣るが、それでも2g
の抹茶を1日3杯ほど摂取することで、ダイエット効果がえられることが明らかにされている。

抹茶をつかったレシピ

抹茶きなこのスノーボール

材料(24個分)


米粉  75g
きなこ  20g
抹茶  小さじ1と1/2
砂糖  30g
塩  少々

ココナッツオイル(溶かしたもの)
50g

仕上げ用
粉砂糖  大さじ1と1/2
抹茶  小さじ1

作り方

❶ボウルにⒶをいれ、泡立て器でさっとまぜる。

❷①の中央をくぼませ、ココナッツオイルをいれる。ぽろぽろのフレーク状になるまでヘラで
 よくまぜ、手でひとまとめにする。

❸スケッパーで生地を24等分にする。手のひらでまるめる。

❹160℃に温めたオーブンで10分、温度を150℃にさけ10~15分やく。網のうえにのせ、
 さます。

❺仕上げ用の材料をポリ袋にいれふる。④をいれ全体にまぶせば出来上がり。

抹茶のシートケーキ

材料(24cmのロールケーキ型・1台分)

米粉  90g
抹茶  10g


きなこ  25g
ベーキングパウダー  小さじ1
重曹  小さじ1/2


豆乳ヨーグルト(水切りしたもの)  150g
砂糖  50g
塩  一つまみ

オリーブオイル  45g
小豆あん  適量

作り方

❶ボウルにⒶをいれまぜる。別のボウルにⒷをいれよくまぜる。砂糖をとかし、オリーブ
 オイルをくわえ乳化させる。抹茶、米粉の順番にいれ、よく混ぜる。ツヤがでて
 なめらかになったらⒶを加え、すばやくまぜる。

❷ケーキを半分にきり、片方に小豆あんをのせる。

❸型にながしいれスケッパーでのばす。数回、たたきつけ表面をたいらにする。160℃に
 温めたオーブンで20~25分やく。温かいうちにラップを貼りつけさます。

❹もう片方のケーキをのせ挟む。ラップで包みしばらくなじませる。食べやすくきれば
 出来上がり。

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする