肌のピンチはほぼ7年周期をどう乗りこえるかで決まるってホント?

およそ7年ごとにあらわれる女性ならではのからだの変化

中国最古の医学書とされる「黄帝内経(こうていだいけい)」によれば、女性は7年ごとに
節目をむかえ、心身がおおきく変化するのだとか。思い返してみて。7歳、14歳、21歳‥と、
さまざまな成長をとげてきたことを実感するかたも多いはず。
この変化には、ホルモンバランスがふかく関与している。とくに女性ホルモンは、肌の
うつくしさに直接影響するため、節目の年齢をむかえるたびに肌のコンディションも
おおきく変化する。それまでにはなかった新たなトラブルや、ふと感じる違和感など、
従来どおりのスキンケアでは対応しきれなくなってくる。
ならば節目の年齢をスキンケアの「見直しどき」ととらえ、先回りしそなえてはどう
だろう。自分のからだがどう変化するのか、肌になにが不足してくるのか、それを
あらかじめ知っておけば、迫りくる年齢の波もなんなく乗りこえられるはず。

肌のピンチはほぼ7年周期で

7歳  永久歯が生えはじめる
   小学校入学の前後、乳歯から永久歯へはえ変わりはじめる。

14歳 初潮をへて、徐々に女性らしい体型へ 
    おおくの女性が14歳ごろまでに初潮をむかえる。体型が変化したり、ニキビに
    悩まされたりする多感な年ごろ。心身ともにぐんと成長する。

21歳 からだの成長がほぼ完了する
    女性ホルモンの分泌が盛んになり、生理のリズムも安定する。肌の調子もおちつくが、
    環境の変化があったり、ストレスが増えたりする年ごろでもある。
      
28歳 肌のおとろえを感じはじめ、美白について、そろそろ真剣にかんがえる時機
    女性ホルモンの分泌はピークをこえ、肌の曲がり角もすぎ、すこしずつ代謝がおちて
    くる。これまでにあびた紫外線のツケが回ってきた、と気づくひともおおいはず。
    本格的な美白ケアをはじめる好機。

35歳 代謝やホルモンのバランスが変化する、エイジングケア、はじめの一歩  
    カサつきや化粧のりの悪さといったよくあるトラブル。30歳をすぎたころから、いつ
    までも長引くようになってない?それは代謝がおちてきているせい。一刻もはやく
    エイジングケアをはじめよう。

42歳 肌体力の低下、肌に無理がきかない‥肌コンディションへのタイムリーな対応がカギ
    メークしていても、時間がたつと肌色がトーンダウンしたり、ファンデがしわにはいり
    こんだりすることを「よくあること」 と見過ごしてはいけない。タイミングよく
    したたかにアイテムを使いわけることで、リカバリーを目指そう。

49歳 体調も気分も肌もおちこむ更年期‥今こそ肌に贅沢を。リッチすぎていいんです 
    加齢とホルモンバランスの乱れというダブルパンチを受け、生涯でもっとも不安定に
    なる更年期真っ只中のはだ。シミや小じわがぐっと増えたと感じるひともおおい
    だろう。そんなおちこむ時期だからこそ、思いきって肌に贅沢をさせるべきなのだ。

56歳 あきらめが「老け見え」格差を増大、若さをさえぎる「くすみ・くま」を払拭 
    筋力や心肺機能が曲がり角をむかえ、踏ん張りがきかなくなる年代。見た目年齢に
    おおきく差がではじめる。その差をおおきくするのが、肌の透明感。くすみやくまが
    疲れて老けた印象を助長してしまう。スキンケアで上質なうるおいと透明感を充電
    したら、めぐりと代謝を意識したツボ押しなどのケアをプラスしよう。

63歳 ミドル?シニア?ますます個人差がおおきくなる‥肌冷えを解消し、
    代謝アップをめざす
    栄養の吸収力がおちてくる60代。肌も代謝がとどこおり、うるおいの浸透力や
    保守力が下降ぎみ。くわえて、末端の血行不良も肌をひやす。肌をあたため、代謝を
    あげることを心がけよう。また皮脂量が低下し、慢性的にバリア機能がみだれがちに
    なる。さらに乾燥がすすむので、コクのあるクリームでしっかり保湿する。

今さら聞けない・・・美白有効成分ってナニ?

厚生労働省より、「メラニンの生成をおさえ、シミやそばかすをふせぐ」、あるいはこれに
類似した効能を表示することが認められた成分のこと。DHCの薬用エイジアホワイトシリーズ
には、ローションをのぞくふたつの美白有効成分をさいようした。

アルブチン

クマコケモモなどの植物の葉にふくまれ、低刺激で安定性がよいといわれる。シミ、そばかす
のもととなるメラニン色素の、生成プロセスへのアプローチが確認されている成分。

エラグ酸

医療分野で採用された成分。のちに化粧品への配合が認められた。天然のポリフェノールの
一種で、メラニンの黒色化をブロックするはたらきに注目があつまっている。

DHCのおすすめ商品

28歳のピンチに‥Wの美白有効成分を配合した、本気の美白アイテムを投入

DHC薬用エイジアホワイト ミルク

肌の透明感をアップするエラグ酸とアルブチンのダブルの美白有効成分に、サポート成分と
してオウゴンエキスを配合した美白乳液。乾燥肌でもつかえる、しっとりとしたつかい心地。
なめらかなテクスチャーでべたつかず、肌をやさしく包みこむ。
美白だけでなく、気になる年齢サインにもアプローチ。ケイヒエキス、セキセツソウエキスを
配合。年齢の気になる肌を多角的にケアする。コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどの
うるおい成分が肌にハリとうるおいを与え、肌荒れをふせぎしっとり美肌へみちびく。

無香料・無着色・パラベンフリー・天然成分配合。

DHC薬用エイジアホワイト エッセンス

肌の透明感をアップするエラグ酸とアルブチンのダブルの美白有効成分に、サポート成分と
してオウゴンエキスを配合した美白美容液。乾燥肌でもつかえる、しっとりとしたつかい
心地。とろり濃密なエッセンスが、弾むようなハリと透明感あふれる肌へとみちびく。
美白だけでなく、気になる年齢サインにもアプローチ。ケイヒエキス、セキセツソウエキスを
配合。年齢の気になる肌を多角的にケアする。コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどの
うるおい成分が肌にハリとうるおいを与え、肌荒れをふせぎしっとり美肌へみちびく。

無香料・無着色・パラベンフリー・天然成分配合。

35歳のピンチに‥早めのエイジングケア導入で、「老け」を寄せつけない

DHC薬用Qソープ

もっちりとしたきめ細かいあわが特徴の洗顔ソープ。豊かな泡がやさしく肌をつつみこみ、リッチでなめらかなあらい心地。
細かいアワが毛穴の奥まではいりこみ、くすみの原因となるふるい角質や汚れをすっきり
除去。薬用成分や高濃度コエンザイムQ10といった多彩な美容成分を角層のすみずみまで
とどけ、年齢に応じたエイジングサインに働きかける。すぐれた保湿力をもつオリーブ
バージンオイルやグリセリンなども配合し、すっきりとした洗いあがりながらも、洗顔後のつっぱりや乾燥をふせぎしっとりとしたうるおいで満たす。

無香料・パラベンフリー・天然成分配合。

DHC薬用Qジェル

プラセンタや甘草誘導体といった薬用成分をはじめ、DHC独自の技術で肌なやみにしっかりとアプローチするコエンサイムQ10などの美肌成分を多彩に配合した美容ジェル。みずみずしい感触でさっぱりした使用感ながら、オリーブスクワランなどのエモリエント効果で乾燥からしっかりと肌をまもり、うるおいを維持する。
さっぱり派のわかい肌にもおすすめ。

無香料・無着色・パラベンフリー・天然成分配合。

42歳のピンチに‥肌の調子によりふたつの薬用ミルクをつかう

DHC薬用Qフェースミルク

甘草誘導体といった薬用成分をはじめ、DHC独自の技術で肌なやみにしっかりとアプローチ
するコエンザイムQ10などの美肌成分を多彩に配合した薬用乳液。肌あたりがやわらかく、
なめらかでとろけるようなテクスチャーで、肌をやさしく包みこむ。
べたつかずにみずみずしくひろがる伸びのよさと、しっとりとした使用感、浸透力とうるおいキープ力のバランスが絶妙。肌が内側からもちあがるようなハリ、ふっくらとした弾力美肌
へとみちびく。

無香料・無着色・パラベンフリー・天然成分配合。

DHC薬用エイジアホワイト ミルク

49歳のピンチに‥ローションのWつかいで、透明感と若々しさをたっぷり

DHC薬用Qローション

エイジングケア、保湿、美白ができ、ハリ感をたかめる薬用ローション。肌にすっとはいり
こむような浸透実感にこだわり作られた。グングンと角層の奥深くまでうるおいで満たす。
しっとりとした使用感で、もちもちとした美肌へとみちびく。

無香料・無着色・パラベンフリー・天然成分配合。

薬用Qシリーズは、若々しい肌に欠かせないとされる美容成分コエンザイムQ10を10倍濃度で配合した、肌なやみにしっかりとアプローチする基礎化粧品シリーズ。
肌にハリやうるおいをあたえ美肌をたもつ大切な成分であるにもかかわらず、20歳をピークに減少してしまうといわれるコエンザイムQ10。DHCはこのコエンザイムQ10にこだわり、6年もの歳月をかけ研究をかさねた。
その結果、DHC独自の技術による高度な成分設計で薬用処方にすることで、この高濃度を
実現。薬用Qシリーズを手にとれば、驚くほど濃厚な黄色にコエンザイムQ10のたかい濃度と手応えを感じてもらえるはず。

薬用Qシリーズには、メラニンの生成をおさえ、日やけによるシミ・そばかすをふせぐ美白
薬用成分・プラセンタエキスや、すこやかな肌にととのえる薬用成分・甘草誘導体やアラン
トインなどをはじめ、若々しい美肌に大切とされるヒアルロン酸、コラーゲンなどの多彩な
美容成分も共通で配合している。コエンザイムQ10をはじめとするこれらの美容成分が、
乾燥による小じわを目立たなくし、ハリのある弾むような肌へアプローチする。肌にすっと
とけこむようなテクスチャーで、肌質・年齢問わずつかえる贅沢な美肌ケアシリーズを、
ぜひお試しあれ。

DHC薬用エイジアホワイト ローション

肌の透明感をアップする美白有効成分アルブチンに、肌荒れ防止成分グリチルリチン酸ジカリウムを配合した美白化粧水。乾燥肌でもつかえる、しっとりとしたつかい心地。サポート成分のオウゴンエキスとともに、にごりのないクリアな肌にみちびく。
美白だけでなく、気になる年齢サインにもアプローチ。ケイヒエキス、セキセツソウエキスを配合。年齢の気になる肌を多角的にケアする。コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどのうるおい成分が肌にハリとうるおいを与え、肌荒れをふせぎしっとり美肌へみちびく。

無香料・無着色・パラベンフリー・天然成分配合。

薬用エイジアホワイトは、美白ケアとエイジングケアを同時にかなえる薬用スキンケアシリー
ズ。ダブルの美白有効成分エラグ酸・アルブチン配合でメラニンの生成をおさえ、シミ・
そばかすをふせぎ、透明感のある肌にみちびく。

シリーズ共通で、ふたつの和漢植物エキス、ケイヒエキス、セキセツソウエキスを配合。樹皮や、全草から抽出したエキスを配合し、年齢の気になる肌を多角的にケアする。
コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどのうるおい成分もプラスし、乾燥などが気になる肌にハリとうるおいを与え、肌荒れをふせぎしっとり美肌へみちびく。

56歳のピンチに‥くすみやくまは「老け見え」の原因。スキンケアの仕上げにつぼ押しを

攅竹(さんちく)
左右の目頭のくぼみにあるツボ。血行や代謝をうながし、シミやくすみを薄くするといわれている。親指の腹でもちあげるように刺激しよう。

四白(しはく)
黒目のした、指一本分くらいにあるツボ。血行をよくし、むくみやくすみの解消をめざす。
中指の腹で3~5秒かけてゆっくり押す。3回ほど繰り返す。

63歳のピンチに‥肌をあたため血行をうながし、ツヤと血色感のある若々しい肌へ

DHC薬用エイジアホワイト エッセンス

DHC薬用Qフェースクリーム

プラセンタや甘草誘導体といった薬用成分をはじめ、DHC独自の技術で肌なやみにしっかりと
アプローチするコエンザイムQ10などの美肌成分を多彩に配合した美容クリーム。年齢や
紫外線などの影響から肌をまもり、若々しくうつくしい肌をサポートする。
濃厚でこっくりとしたリッチなテクスチャーながら、肌になめらかに伸び、べたつかずに
しっとりとしたつかい心地が特徴。たかい保湿効果でうるおい閉じこめ、ハリ・艶あふれる
弾力美肌にととのえる。
つかい続けるほどにツヤや透明感がまし、肌を内側からもちあげるようなハリを実感できる
はず・・・。キメ細やかでふっくらとした弾力のある美肌を目指すかたにおすすめの
クリーム。

無香料・無着色・パラベンフリー・天然成分配合。

DHCのおすすめ商品を書いていますが、お肌にあわない場合もあります。私は、DHC薬用Q
フェースクリームは合うんですが、DHC薬用Qソープは肌がヒリヒリして刺激がつよいみたい
です。自分にあった商品を探してみてくださいね。

さつまいもチップスの料理レシピをご紹介します。

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする