DHC 秋に備える夏疲れメンテナンスとは?オイルや洗顔選びは?

夏のおわりに近づくと、熱風のようだった暑い日もさわやかに。街のあちこちに秋の気配が
感じられるようになった。ホッとひと息ついて鏡をみると日差しがつよくなる前よりも、肌が
つかれているような・・・。過酷な夏をのりきった肌には、適切なメンテナンスが必要。これ
からむかえる実りの季節にむけ、肌のコンディションを整えよう。

秋肌のツヤは「オイル」で仕込む

夏の間、過酷な環境にふりまわされ、紫外線やエアコン、とめどなく出るアセ、それによる
塩分過多といった外的ストレスにさらされつづけてきた肌。秋が近づくころには、乾燥して
かなり疲れがたまっている。いつも輝きをたもっていたはずの艶そのものが失われてしまう。
そんな不安定なジキの肌の救世主ともいえるアイテムが「オイル」。

スキンケアオイルは、艶をうみだすのが上手。硬くこわばった肌をやわらかくほぐし、なめ
らかに包みこみ、しなやかさを与える。肌と一体化するようにすばやく馴染み、うるおいを
とどめ維持したり、たりない油分を補ったりする。油性のよごれを浮きあがらせおとすのも、
オイルの得意技。そんなオイルの特長をりかいし使いこなせば、秋をむかえるまでにすこやか
な美しさをとりもどせるはず。

オイルをスキンケアに取りいれるときに重要なのは、植物からとれたナチュラルなオイルを
選ぶこと。質のよさにこだわること。ナチュラルオイルのなかでも、オリーブオイルは皮脂と
にた組成。肌のうえでベタつくことなく、素早くなじみ、紫外線のダメージで硬くこわばった
肌をやわらかくほぐす。

酸化リスクがひくいことも注目のポイント。抗酸化成分やビタミン、ミネラルなど豊富にふく
まれる天然の美容成分が、はだ本来の働きをサポートする。夏の間にうけた根深いダメージを
やさしく癒しながらふっくらつややかな肌をとりもどしたいなら、選ぶべきはハイグレードの
オリーブオイル。なめらかなオイルに溶けこんだ植物のチカラが、肌をちからづよく元気
づける。

上質なオリーブオイルがおすすめの理由

理由① 紫外線のダメージでごわつく肌を、やわらかくほぐすから

理由② 肌の表面を油分のヴェールで包みこみ、水分の蒸散をふせいでくれるから

理由③ しっとりなめらかな光沢を、肌にあたえてくれるから

理由④ デリケートに傾きがちな季節のかわり目の肌にも、安心してつかえるから

落とすオイル DHC薬用ディープクレンジングオイル(L)

ハードなメークはもちろん、頑固な毛穴汚れやふるい角質、余分な皮脂、角栓まで無理なく
しっかり取りのぞく。洗いながす際のヌルつきや油膜感は一切なく、すべすべの洗いあがり。
肌に必要なものは奪わない処方でうるおいのあるクリアな素肌へと導く。

守るオイル DHCオリーブバージンオイル

オリーブバージンオイルは、トラブルや加齢で弱った肌をすこやかな状態に整える天然の美容
オイル。美容成分やうるおいを肌が吸収し、天然の皮脂膜となって乾燥や紫外線などの刺激
から肌を守る。

リカバリー洗顔

乾燥やくすみ、ザラつきなど肌の不調を感じやすい夏のおわり。慌てていろいろなアイテムを
取りいれても肌がこたえてくれないことがある。そんなときに見直すべきは「落とす」ケア。
洗顔の目的は、ただ汚れをおとすことだけではない。うるおいや美容成分がスムーズに浸透
する状態にととのえるのも、洗顔だけにできる大切な役割。

まいにち行うことだからこそ、その時々のはだ状態にあわせた、洗顔料えらびをする。適切な
アイテムでただしい洗顔をつづければ肌はひにひにリカバリーし、すこやかさを取りもどして
いく。

復活のリカバリー洗顔 3つの掟

掟① 肌コンディションを見極めジャストフィットのアイテム選びを

はだの状態は変化しやすく、その時々で選ぶべきアイテムも違う。まずは現在のはだ状態を
しっかりチェックし、どの洗顔料がふさわしいか見極める。2~3種類のアイテムを用意し、
その日のはだ状態にあわせた使いわけができるとよい。

掟② ゴシゴシ洗いはNG!泡たっぷり、やさしさ重視で

ゴシゴシこすることは、肌にとって最大のストレス。摩擦をケイゲンするために洗顔料はたっ
ぷりと泡立てて、力をいれずに泡であらう感覚で洗顔するのがよい。

掟③ アツいお湯は乾燥をまねく!洗顔は32~35℃のぬるま湯で

体温よりアツいお湯であらうと、必要なヒシまで溶けだし、はだの乾燥が急速にすすむ。洗顔
するときは体温よりすこし低めの35℃以下のぬるま湯に調節する。

乾燥がとまらない DHCマイルドソープ

肌の汚れをしっかりとりさりながら必要なうるおいをまもる洗顔ソープ。キメ細かい泡立ちで
「シミ、しわ、くすみ、毛穴」トラブルなどの原因となる肌の汚れや余分な皮脂、ふるい
角質をパワフルに吸着し、すっきりと取りのぞく。同時にオリーブバージンオイル、はちみつ
などの天然美容成分が失われがちなうるおいをしっかりとキープ。キメの整ったすこやかで
美しい肌へとみちびく。

くすみが気になる グリーン ソープ

肌をくすませる原因のひとつは溜まってあつくなったふるい角質。くすみをはらい、透明感の
ある肌をとりもどすために役立つアイテムがグリーン ソープ。きめ細かくクリーミィな
泡質とすばやい泡立ちを実現した洗顔石けん。

持続力のあるもっちりとした濃密な泡がやさしく肌をつつみこみ、肌表面のよごれやくすみの
原因となるふるい角質とよぶんな皮脂をしっかり落とす。配合された緑茶末や茶カテキンを
はじめとする天然成分がクリアな透明感を引きだすとともに、オリーブバージンオイルなどの
美容保湿成分がはだに必要なうるおいを守りながらしっとりと洗いあげる。

ザラつきや毛穴が目立つ ブライトニングホイップウォッシュ<炭酸洗顔料>

肌表面にのこったふるい角質は、ザラつきの原因に。また、汗で毛穴がひらき、そこに皮脂
などのよごれがつまると毛穴が目立つ。炭酸をふくんだ均一でキメ細やかなもっちり濃密泡が
毛穴のおくの汚れもしっかり洗いあげ、いきいきとした素肌にリセットする洗顔料。「発酵
ローズハチミツ(グルコノバクター/ハチミツ発酵液)」「ローズエキス」がくすみの原因となる
ふるい角質をとりのぞき、クリアでふっくらとした手ざわりの肌へみちびく。

洗顔後も天然由来の保湿成分「プロテオグリカン」が肌のつっぱりを防ぎ、しっとり感を維持
する。ノズルを押すだけで、弾力のあるもっちり濃密泡がでてくるエアゾール式の泡洗顔料
なのもうれしいポイント。泡立て不要で手間いらず、手軽にもっちり濃密泡の心地よいマッ
サージ洗顔をお楽しみあれ。やさしく広がる、ホワイトブーケの香り。

ベタついてアブラっぽい ピュアソープ

テカリやニキビが気になるオイリー肌におすすめのソープ。きめ細かくクリーミィな泡がすば
やく泡立ち、肌にとって必要なうるおいを守りながら、過剰なヒシやはだの汚れ、ふるい角質
などをすっきりオフ。泡切れがよいため、すすぎも簡単。オリーブバージンオイルやアロエ
エキスを配合し、ニキビや肌荒れをふせぐ。

デリケートな状態でピリピリ  薬用フェースウォッシュ 

朝、目覚めたときの肌がすでにカサついている人は皮脂分泌がすくない肌タイプと考え
られる。肌のうるおいがもともと不足しがちな敏感肌や乾燥肌の洗顔はとくにヒシを奪わない
ことをポイントにする。はだに必要なヒシを奪いすぎることなく、汚れや角質をしっかりと
おとす、乳液タイプの薬用洗顔料。低刺激洗浄成分を使っているので、皮脂をとりすぎずしっ
とりした洗いあがり。乾燥肌や敏感肌もやさしく洗いあげる。

ビューティパウダーウォッシュ[30個入]

美肌成分を多彩にふくむ「高圧抽出プラセンタエキス」を配合したパウダー洗顔料。みずみず
しいうるおいとハリを与えながらキメを美しくととのえ、いきいきとした透明肌へみちびく。
肌にやさしい3種の「アミノ酸系洗浄成分」を採用。さっぱり洗いあげながら植物由来などの
3種の「エモリエント成分」が肌をしっとり保ち、つっぱり感もない。1回使いきりのカプセル
タイプ。パウダーがすばやくトけ豊かに泡立ち、フレッシュな洗顔がおこなえる。

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする