お肌の曲がり角 around 40歳のUV・美肌ケア対策は? 

「曲がり角」という言葉をよく耳にします。この時季、気になるシミやくすみ問題は?
それは、肌の透明感が急速に失われやすいタイミング。曲がり角を意識した世代別の
手入れこそ、年齢サインをよせつけないための基本中の基本。
今、どの曲がり角を迎える?どの曲がり角をすぎた?ここがあたなの美肌の岐路に
なるかも!

注意すべきは、around 40歳の曲がり角

肌には本来、うけてしまった紫外線ダメージをみずからリセットする働きが備わって
いる。ところがこの働きは、エイジングとともに衰えていく。年齢をかさねると、
日焼けによるダメージをリセットしきれず、肌内部にメラニンのかたちで徐々に蓄積
される。あるとき突然、「シミ」や「くすみ」などのトラブルとして表れてしまう。
肌が紫外線ダメージをリセットする機能は、一定のスピードで衰えるわけではない。
25歳ごろと40歳ごろの二度にガクッと落ちるといわれる。ここがしみ・くすみ問題に
おける「曲がり角」。とくに年齢サインが気になる大人世代がイシキしたいのは、
around 40歳の曲がり角。
曲がり角の前後でどのような手入れをシフトチェンジするかがシミやくすみ対策の
成功のカギをにぎる。曲がり角に備えるunder 40歳のプレ世代、そして曲がり角を
すぎたover 40歳のポスト世代。
あなたは自分のエイジングステージにあったベストなケアができている?

under 40歳 プレ世代のUV・美肌ケア

around 40歳の曲がり角は迎えていないとはいえ、肌の内側ではメラニンが蓄積し
はじめているプレ世代。UV・美肌ケアに注力するのに早すぎるということはない。
シミやくすみの予備軍をへらすため、紫外線ダメージを溜めこまないことが、
手入れのメインテーマ。
「紫外線を徹底的にブロックする」+「肌のリセット機能をバックアップする」
ダブルケアで、すこやかな白肌を完全死守。
曲がり角にそなえ、メラニンの蓄積を極力おさえるには、紫外線ダメージをよせ
つけないことが最優先。レジャーシーンはもちろん、通学・通勤などのちょっと
したお出かけにも、日やけ止めを忘れずにぬる習慣をつけよう。

プレ世代のUVケア

DHCサンカットQ10 EX ミルク

汗や皮脂を味方につけ紫外線をブロックする、耐水性にすぐれたスーパーウォーター
プルーフの日やけ止め。アミノ酸コーティングUVフィルターが汗や皮脂の成分を
かかえこみ、より均一でくずれにくい膜を形成し、国内最高表示基準値SPF50+・
PA++++の強力なUVカット効果を維持。汗や皮脂、水につよく、過酷な炎天下での
レジャーやスポーツにも最適。
コエンザイムQ10、オリーブバージンオイル、ヒアルロン酸、黄金海草エキス
(ラミナリアオクロロイカエキス)など、多彩な美肌成分を配合。紫外線による
ダメージから肌をまもり、しっとりとしたうるおいを与える。ベタつき、白浮き、
被膜感のない、かるく快適なつかい心地。専用クレンジングはいらず、化粧下地と
してもつかえる。

DHC薬用エイジアホワイト ローション

肌の透明感をアップする美白有効成分アルブチンに、肌荒れ防止成分グリチルリチン酸
ジカリウムを配合した美白化粧水。乾燥肌でもつかえる、しっとりとした使い心地。
サポート成分のオウゴンエキスとともに、にごりのないクリアな肌にみちびく。
美白だけでなく、気になる年齢サインにもアプローチ。 ケイヒエキスとセキセツソウ
エキスを配合し、年齢の気になる肌を多角的にケアする。コラーゲン・ヒアルロン酸・
エラスチンなどのうるおい成分が肌にハリとうるおいを与え、肌荒れをふせぎ、
しっとり美肌へみちびく。

DHC薬用V/C美容液

ビタミンC誘導体を高濃度に配合した美白美容液。デリケートで壊れやすいビタミンCを
「浸透性」「持続性」「安定性」にすぐれた誘導体として配合。すばやく肌の奥深く、
すみずみまで浸透し、長時間持続的に美白効果を発揮する。メラニンの生成をおさえ、
「シミ」「そばかす」「くすみ」などを集中的にケアする。さらに毛穴をひきしめながら
キメをととのえ、過剰な皮脂の分泌をおさえる。あらゆる肌トラブルにアプローチし、
透明感あふれる“キメ美肌”へとみちびく。バツグンの浸透性ですっと肌になじみ、
ビタミンC誘導体配合の美容液にありがちなベタつき感やきしみ感のない、サラリとした
つかい心地を実現した。

over 40歳 ポスト世代のUV・美肌ケア

around 40歳の曲がり角をすぎ、肌のリセット機能がグッとおちこみと、シミやくすみが
著しくあらわれるようになる。ポスト世代のの手入れは、できてしまった年齢サインに
はたらきながら、これ以上ふやさないことが課題。そのためUVカットも美肌ケアも
エイジングを視野にいれた積極的なアプローチが必要。
プレ世代がまもりを重視したケアとするなら、ポスト世代はせめにまいしんするケアと
いえる。

ポスト世代のUV・美肌ケア

DHCサンカットQ10 EX ミルクやDHC薬用エイジアホワイトシリーズ3点セットを使う。
DHC薬用エイジアホワイトシリーズ
・DHC薬用エイジアホワイト ローション
・DHC薬用エイジアホワイト エッセンス
・DHC薬用エイジアホワイト ミルク

ポスト世代を悩ませるシミあれこれ

老人性色素斑

一般的にシミと聞いておおくのひとが思いうかべる濃い褐色のいろムラ。日光性黒子とも
よばれる。おもに紫外線ダメージによりできるため、日やけの有無がダイレクトに影響
する。

肝斑(かんぱん)

30~50代の女性におおくみられ、妊娠や更年期などホルモンバランスの変化が原因の
ひとつと考えられている。老人性色素斑にくらべ色がややうすく、頬まわりに左右対称に
あらわれやすいのが特徴。

そばかす

鼻や頬の周辺にこまかく点状にしゅつげんする色ムラ。幼少期から思春期のこどもに
できやすく、大人になってからあらわれることもある。遺伝との関係がほのめか
されている。

炎症性色素沈着

ニキビや傷、やけどなどの跡が、ちゃいろい色素として肌にのこったもの。炎症刺激に
よりつくられたメラニンが、ターンオーバーでうまく排出されなかったことが原因。

シミの種類には、肝斑やそばかすがあることは知っていたが老人性色素斑や炎症性色素
沈着という言葉があるのをはじめて知った。シミやくすみの原因が紫外線でUVケアさえ
ちゃんとしていたらシミなんてできないと思っていた。違うんですね。

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする