オクラの栄養と効能 ネバネバが体によい理由はなんだろう?

私はオクラや納豆、山芋などのネバネバ系がきらいです。体にいいのはわかるのですが!
とくに納豆は匂いが強烈で糸をひくのを見たら、食欲がおちてしまいます。今回は、
ネバネバの食材「オクラ」の効能やオクラをつかったレシピを調べてみました。

オクラの栄養と効能

オクラのぬめりが体にいい

オクラに含まれるぬめりの成分はガラクタン、アラバン、ペクチンといった食物繊維で、
ペクチンは整腸作用をうながしコレストロールを排出する作用や便秘をふせぎ、大腸ガンを
予防する効果があると言われている。

オクラは緑黄色野菜βカロティンも豊富

オクラにはβカロテンがレタスのおよそ3倍以上もふくまれている。抗発ガン作用や免疫賦活
作用でしられているが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や視力維持、
粘膜や皮膚の健康維持、のどや肺など呼吸器系統をまもる働きがあるといわれている。

免疫賦活作用とは、からだの免疫を活発にすること。免疫がアがることで外敵や異物の侵入
から身をまもることができ、生物は元気でいられる。

カリウムやカルシウムが豊富

オクラにたくさん含まれているカリウムには、ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、
高血圧に効果がある。長時間の運動による筋肉の痙攣などをふせぐ働きもある。カルシウムは
ほねを生成するうえで欠かせない成分。骨を丈夫にし、健康を維持する。また、イライラの
解消にも効果がある。

オクラの種類

普通のオクラ

一般的に出まわっているものは、長さ5~10cm。大きくなりすぎるとカタくなる。小さめの
ほうがよい。

島オクラ

沖縄や八丈島など南の地域で栽培されているもので、長さが20cm以上もある。断面もあまり
角がない。

紅オクラ

「紅オクラ」または「赤オクラ」と呼ばれている。表皮のイロがこい赤紫色をしたタイプ。
紅オクラの実のおおきさは一般的な緑色のタイプとほぼ同じくらい。表皮はつけ根から先まで
赤紫色で、全体に産毛で覆われている。加熱するとせっかくの赤いいろが緑にかわってしまう
ので、生でつかうほうがよい。

ダビデの星

一般的なオクラにくらべ、ダビデの星は太くずんぐりとした感じで、断面がきれいな切れ
こみがはいった星形になっている。肉厚でたべると独特のかおりが感じられとても美味しい。

ミニオクラ

オクラを通常のものよりさらに未熟な状態で収穫したもの。長さが3cmほどでやわらかく
生食向き。一般にはあまり出まわっておらず、おもに飲食店向けとなっている。

オクラを使ったレシピ

下ごしらえ

・つかう前に塩をこすりつけるようにしてあらうと産毛がキレイにとれ、いろが鮮やかに
 なる。

・タテにきったり輪切りにしたり、こまかく刻んだり、いろんな切りかたがあるが、細かく
 きざむほどネバネバがたくさん出る。

・ソースにしたり、たたく場合は、茹でてからなかのタネを取りのぞくと色鮮やかに
 仕あがる。

ゆでかた

2%の塩加減(水1ℓに対し塩20g)で2分間ゆでる。生のものと同じようにつかうことも
できる。オクラの場合はブロッコリーなどと同じように沸騰してからいれる。時間は
お好みで調節する。2分ゆでが最もネバネバがあり、オクラの歯ざわりものこる。
茹であがったら、冷水にいったんさらす。ぬるいくらいですぐに水からだしザルなどに
あげないと水っぽくなってしまう。長くゆでた場合、歯ざわりがやわらかくなるので、
料理やお好みにより使いわけることをおすすめする。

まるごとオクラ餃子

材料

オクラ  10本
にら  4本
豚ひき肉  150g
塩  少々
こしょう  少々
しょうが(すりごま)  小さじ1
にんにく(すりおろす)  小さじ1/2
しょうゆ  小さじ1
餃子の皮  10枚
サラダ油  大さじ1
ごま油  大さじ1/2
餃子のたれ(市販品)  適量

作り方

❶オクラのへたをきり、ガクをとる。塩適量(分量外)をふり、まな板のうえで転がす。
にらをみじん切りにする。

❷豚ひき肉がはいったボウルに塩、こしょうをふる。しょうが、にんにく、しょうゆを
くわえ粘りがでるまでよく混ぜる。

❸②のボウルに①のにらをいれまぜる。

❹③のボウルから一つ分の肉だねをとり、手のひらでひろげる。オクラをのせ包み、
同じようにし計10個つくる。

❺サラダ油をねっしたフライパンにとじ目をうえにし餃子をならべる。こんがりと
焼き色がつくまで中火でやく。

❻⑤のフライパンに水大さじ3(分量外)をまわしいれる。フタをし、6~7分弱火で
むし焼きにする。

❼⑥のフライパンにごま油をまわしいれ、こんがりとするまで焼く。

❽餃子のたれをそえれば出来上がり。

タコとオクラのキムチサラダ

材料(2人分)

たこ(茹でる・食べやすいおおきさにきる)  50g
オクラ  6本
キムチ(食べやすいおおきさにきる)  50g
酢  小さじ1
ごま油  大さじ1/2

作り方

❶耐熱容器にオクラをのせ、ふんわりラップをかける。600Wの電子レンジで2分カネツし、
食べやすいおおきさにきる。

❷ボウルに酢、ごま油をいれる。オクラ、たこ、キムチをくわえまぜたら出来上がり。

「オクラ」について調べてみて、やっぱりネバネバが駄目なことが改めてわかりました。
皆さんがすこしでもオクラに興味をもち、私のようにネバネバが苦手だけど健康に
いいのなら食べてみようかなと思うかたがひとりでも増えますに!

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする