DHC新商品 オリーブバージンオイル クリスタルスキンエッセンスとは?

まだ寒い日もありますが、段々と春らしい気候になってきましたね。洋服を冬物から
春物にかえるようにスキンケアも新しいものにかえてみませんか?

マイルド フォーミング ウォッシュ

たかい洗浄力とうるおい保護力の2つのはたらきを合わせもった、肌にやさしい
洗顔料「DHCマイルドソープ」のフォームタイプ。
シルクのようになめらかな濃密泡がすばやくつくれ、肌のよごれや余分な皮脂、
ふるい角質をつつみこみ、しっかりとキャッチ。豊かなアワが手と顔のあいだで
クッションとなり、洗顔時の肌摩擦をけいげんし、肌によけいな負担をかけない。
うるおい保護成分のはちみつ、オリーブバージンオイルといった天然美肌成分も
配合した。洗顔により失われがちな肌のうるおいを保護し、しっとりと整える。

マイルドソープの特徴を受け継いだ

DHCを代表する洗顔石鹼のマイルドソープ。そのたかい洗浄力とうるおいを守る
チカラを受け継いだクリーム状洗顔フォームが登場!
すみずみまで清潔に洗いあげ、アワ切れはさっと素早い。
マイルドソープと同じく、オリーブオイルやはちみつなどといった天然の
美肌成分が肌のうるおいをしっかり保持する。つるつるの洗いあがりは、まさに
マイルドソープ同様の心地よさ。

DHCオリーブバージンオイル クリスタルスキンエッセンス

「DHCオリーブバージンオイル クリスタルスキンエッセンス」は、貴重な
オーガニックオイルと美容液をこだわりぬいた絶妙なバランスで融合した美容液。
細かくちりばめられたオイルが、水晶のように輝く。肌に心地よいみずみずしい
さわり心地で、しっとり感を保ちながらベタつかず、さらりとなじみ、肌を
やわらかくし角層の水分保持力をサポート。ツヤを与え、うるおいつづく
すこやかな状態へととのえる。

肌に不可欠な水と油

DHCを代表するロングセラーといえば、1980年にデビューしたオリーブバージン
オイル。新鮮なオリーブの実からほんのわずかしか採れない「フロール・デ・
アセイテ(バージンオイルの精華)」だけを集めた100%天然の美容オイル。
DHCオリーブバージンオイル クリスタルスキンエッセンスは、このオリーブ
バージンオイルの潜在的能力をさらに高めひろげる、新発想のオイル美容液。

ひとの肌には、水と油が絶妙なバランスで存在し、お互いの働きをたすけあい、
すこやかな状態をイジしている。天然のクリームといわれる皮脂膜は、油性の
成分(皮脂)とアセなどの水分がまじりあったもの。角層において角層細胞の
隙間をうめ、水分をかかえこむ重要な役割をする細胞間脂質は、水分層と脂質の
層がコウゴに重なりあう、ラメラ構造をいじしている。肌がしなやかな美しさを
たもつためには、水と油のリョウホウが必要。
DHCはすこやかな肌をたもつしくみと同じように水と油がユウゴウした美容液なら
より自然に肌になじみ、理想的なうるおいとツヤを充電できるはずと。
皮脂ににた組成をもつオリーブバージンオイルこそ、素材としてふさわしい。
このアイディアを実現するためにチュウモクしたのが「分散」という技術。

「分散」が可能にした美容液

「分散」とは、粒状のものを形や性質がちがうものの中にまんべんなく
ちらばらせる手法。この技術をもちいてオリーブバージンオイルを水性の美容液に
分散させれば、ひとつの美容液にオイルと水分のよさをそれぞれそこなわずに
同時にソンザイさせることができる。いらない薬剤をつかうことなく、シンプルで
肌にやさしい処方にできることも大きなメリットのひとつ。
しかし水と油は反発しあうもの。特にビタミン類やポリフェノールなどの天然
成分をホウフにふくむオリーブバージンオイルを水性の美容液のなかに安定し
分散させるためには、きめ細やかな計算と高度な技術がヒツヨウだった。

ひたすら試作をくりかえし、イッサイの妥協をせず、いくつもの処方の組み合わせ
を試みたケッカ、ついにベストバランスを見つけた。つかい心地や肌への働きは
もちろん、見た目のうつくしさまで、すべての条件をカンゼンに満たしたオンリー
ワン美容液ができあがった。

私はマイルドソープもオリーブバージンオイルも愛用しています。使い心地や
肌への働き、見た目の美しさまで完全に満たした「オリーブバージンオイル
クリスタルスキンエッセンス」という新商品が出てきたからといって、
飛びつくのではなく自分の肌に本当にあったモノなら長く使いつづけたいもの
です。

四国地方のブランド牛の記事をご紹介します。

業務用食材通販ナビ!

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする