静電気はどうして起こるの?静電気の起こる原因と除去方法とは?

冬になると車のドアノブや金属部分、衣服の重ね着で「バチバチッ」となる方が
いますね。
私もそのひとりです。わたしの場合は、「バチバチッ」という音が激しいみたい。
静電気のおこる仕組みと静電気の除去方法について調べてみました。

静電気とは?

どのような物体でもプラスとマイナスの電機を持っている。マイナスの電気は
とても移動しやすい。マイナスの電気がふえた場合は、それを減らそうとする。
マイナスが足りなくなった場合は、マイナスを補おうとする。
この状態を「帯電」とよび、ここに蓄えられている電気のことを「静電気」と
いう。

静電気のおこる仕組み

静電気は、気温25℃以下で湿度20%以下の環境で起きやすいといわれている。
乾燥してさむい今の時期がもっとも起きやすい。

重ね着で静電気が起こりやすくなる!?

下着やセーター、コートやマフラーなどを重ね着すると衣服同士がこすれ
静電気が発生する。

静電気が起こりやすい素材

電気をとおさないもの     電気をとおしやすいもの
・ゴム            ・金属
・プラスチック        ・鉛筆の芯

ゴム底の靴ばかり履いているとからだに静電気がたまりやすくなり、バチッが
起こりやすくなるみたい。

静電気が起こりやすい体質がある!?

乾燥肌は静電気がたまりやすい

静電気は乾燥がきらい。肌が乾燥していると皮膚の表面から放電しづらくなり、
バチッが多くなる。

酸性体質も静電気がたまりやすい

ひとの身体は本来弱アルカリ性。それがストレスや疲労がたまると酸性にかわり、
身体のイオンバランスが崩れることにより、プラスの電気を帯びた状態になり、
静電気を起こしやすくなる。

静電気を除去する方法

ドアを開ける前に壁をさわる

ドアをあける前に、ゆっくり電気をとおすコンクリートの壁などを素手でさわり、
放電してからノブにさわる。車のドアをあけるときも同じ。

金属のものをもち金属にさわる

ドアノブをさわる前に、鍵など金属製のものをもち金属にさわることで放電する
ことができる。

湿度を高くすると電気をためこみにくい

部屋が乾燥していると静電気が空気中に逃げられない。加湿器などをつかい湿度を
50~60%に保つようにし電気をためこみにくくする。

ハンドクリームをつかい手を乾燥から守る

保湿をするだけでも静電気を除去することができる。乾燥肌のひとは特にハンド
クリームをつかい手肌を潤しておく。
スカートがストッキングにまとわりつくという人は、ハンドクリームを塗った手で
ストッキングをはいた足を数回なでるとよい。

髪の静電気にはトリートメント

髪の毛も乾燥していると静電気でフワフワと広がる。トリートメントでしっかり
保湿する。シャンプーをしすぎると髪が乾燥して静電気が起こりやすくなる。
乾燥しがちな人はたまにはシャンプーをつかわず、丁寧にお湯であらう「湯シャン」
でもよいと思う。

静電気予防に柔軟剤を使う

柔軟剤は衣服を柔らかくするだけでなく、衣類同士の摩擦を少なくする。

静電気をイヤがらずに静電気を上手に除去しながら乾燥するこの時期を
のりきりたいですね。

北海道の銘柄豚の記事をご紹介します。

業務用食材通販ナビ!

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする