しもやけの治療法は?しもやけになる人とならない人との違いは?

冬のおわりから春先にかけて最もおこりやすいしもやけ。私も足の指がヒドいしもやけで、
痒くなったり足が冷たくなると痛みもともなう状態になります。しもやけの原因や治療法を
調べてみました。

しもやけになる原因は?

私たちの体には体温を調節する働きがそなわっている。寒さや暖かさの刺激がくりかえされ、
血管の収縮や拡張がくりかえされることで血液の循環に障害がおこる。とくに手足など末梢
(まっしょう)血管では血行のコントロールがしにくくなり、あかく腫れたり、痒くなったり
という症状がおこる。これが「しもやけ」といわれ、「凍瘡(とうそう)」とも呼ばれる。

一日の気温差が10℃以上になるとおこりやすく、晩秋から冬の初め、冬のおわりから春先に
かけてなど寒暖差のおおきい季節におおくみられる。汗をかいたあとや水仕事のあとなどに、
皮膚をぬれたままの状態にしておくと、水分が蒸発するさいに急激に皮膚の温度がさがるため
しもやけになりやすくなる。

しもやけの症状は?

しもやけは手や足の指、かかと、耳たぶ、鼻のあたま、頬など、冷たい風にさらされる場所や
冷えやすい末梢の場所におこりやすい。おもな症状は赤紫色に腫れる、赤くなり盛りあがる、
かゆくなる、ジンジンと熱い感じがする、痛がゆいなどがある。ヒドくなると出血したり、
水疱ができ、それが破れたりすることもある。
寒さだけでなく、血行がわるい、汗をかきやすいなどの体質も要因のひとつ。

しもやけには、2つのタイプがある。大人によくみられ、あかい発疹や水疱、しこりなどが
できることもある多形紅斑型(たけいこうはんがた)と子どもによくみられ手足が真っ赤に
なり、熟れた柿のように腫れる樽柿型(たるがきがた)がある。

しもやけの治療法は?

しもやけの対策には、皮膚の保湿と血行促進が重要。保湿成分や炎症を抑える成分がはいった
薬をとりいれたり、手足の指をほぐすマッサージなどを積極的にしよう!
血行をよくする食べ物には、ビタミンEがおおく含まれている。

ビタミンEがおおく含まれている食材

ナッツ類
アーモンド、ピーナッツ、ヘーゼルナッツなど

魚類
鰻、たらこ、明太子、いくらなど

緑黄色野菜
かぼちゃ、ほうれん草など

抹茶、マヨネーズ、木綿豆腐、卵など

マヨネーズ、木綿豆腐、卵などは日常生活でもカンタンに摂りいれやすい食材。みそ汁に
いれたり、お弁当につめたり、サラダに使ったりといろんな料理方法でビタミンEを摂取
してみたらいかがでしょうか?

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする