しゃっくりとはなに?原因と治療法は?何科を受診すればいいの?

しゃっくりとは、医学的には「吃逆(きつぎゃく)」と呼ばれる。肺のしたにある「横隔膜
(おうかくまく)」が何らかの原因により痙攣(けいれん)すると、声をだすための器官で
ある声帯の筋肉も収縮し、息をとおる道が狭くなるため「ヒック」という音がでる。
しゃっくりのおおくは誰にでも起こるもの。続くとつらいが、数時間でおさまれば身体に
悪影響を与えるものではない。あまりにも長くつづく場合は、睡眠不足になったり食事が
とりづらいなど日常生活に不具合が生じてしまう。

種類と原因

しゃっくりは明確な原因がなくても起こる。飲食物や会話などの刺激がきっかけになることが
ある。まれに横隔膜の炎症や肝臓癌・腎臓病・脳腫瘍といった疾患によりひきおこされること
もある。

しゃっくりは、持続する時間により3つに分類される。

①吃逆発作(きつぎゃくほっさ)
48時間以内におさまるもの。

原因のおおくは、食事や炭酸飲料水・アルコールといった飲みものによる刺激、入浴などに
よる変化、ストレス、喫煙などがある。

②持続性吃逆(ぞぞくせいきつぎゃく)
48時間以上~1ヶ月以内におさまるもの。

③難治性吃逆(なんちせいきつぎゃく)
1ヶ月以上つづくもの。

持続性吃逆や難治性吃逆は原因不明だが病気が隠れている可能性もたかい。原因としては、
肺炎、胸部もしくは胃の手術、腎機能不全による血液中の老廃物の蓄積(尿毒症)、脳腫瘍
や脳卒中により脳の呼吸中枢に障害があらわれた場合、アルコール中毒やくすりの副作用と
いったものに横隔膜が刺激されることがある。
さらに、過度のストレスや人格障害など、精神的な原因が関わっている場合もある。しゃっ
くりがあまりにも長くつづく場合は、病院で診察を受ける必要がある。

しゃっくりで困ったら何科を受診するの?

それは、脳神経内科。脳神経内科医はけいれん発作や不随意運動を専門としている。その為、
横隔膜の不随意運動であるしゃっくりも脳神経内科医が専門となる。

治療法は?

しゃっくりをとめるためには横隔膜の痙攣をとめることが必要。横隔膜は呼吸によってうごく
ため、下記の呼吸法は効果がえやすいといわれている。

一時的なしゃっくりである「吃逆発作」のとめかた

・肺がからっぽになるまで息を吐きだす
・肺をパンパンにするイメージで息を吸う
・しばらく息をとめる

そのほか、東洋医学の観点ではしゃっくりをとめるツボとして、左右の鎖骨の間にある「天突
(てんとつ)」や、おへその真上にある「巨闕(こけつ)」を押すという方法もある。

医師おすすめのしゃっくりのとめかた

①コップの水をむこうからのむ

通常は手前でのむコップの水を向こう側からのむという方法という。コップに水を8割ほど
いれ手にもち、前屈みになりながらコップも同様にかたむける。コップの水を向こうの縁
からのむ。上顎をつたい水が胃にはいる感覚。のむ水の量はすこしで大丈夫。

②舌をハンカチの上から両手でつかみ、前方に30秒間つよくひっぱる

これは、医師のなかでは比較的しられた、患者さんにおこなう方法。しゃっくりがとまらない
かたに実際に外来でおこなう場合がある。患者さんの舌をハンカチの上から両手でつかみ、
前方に30秒間つよくひっぱるというもの。ちょっと痛いがかなり効果的。自分自身でおなじ
ようにおこなっても効果がある。

③舌咽神経を刺激するそのほかの方法

上記の2つで8割方のしゃっくりは改善する。基本は舌咽神経を刺激すると効果があるよう。
上記以外では

・氷を口にいれ上顎に舌でおしつける。
・耳の穴に指をいれ強くおす。
などがある。

私もたまにしゃっくりがでて止まらないときがあります。私のしゃっくりの止めかたは、鼻を
つまみながら水をのむ方法です。しゃっくりがでて次のしゃっくりがでるまでにこの方法を
おこなうと止まります。
しゃっくりをとめる方法は、わたしのように自分独自の方法をもっているかたもいると思う
ので十人十色です。どうしてもしゃっくりが止まらない場合は、迷わず脳神経内科を受診して
ください。

料理ブログ
美容ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする